窓交換で、カーテンはリメイクして使う

傾いて開かなくなった出窓から、普通の窓に交換するリフォームを行いました。

台形出窓から変更したので、これまでのカーテンは使えません。

工事前の出窓

工事途中

工事完了

カーテンまで作り替え出来ないので、最初からカーテンはリメイクの予定でした。

出窓の真ん中の1枚を使って、突っ張りポールで。

布幅が狭いので、ギャザー分量が少ないけれど、

まあ許容範囲です。

もう一つの窓と並べると(右側は出幅の小さな出窓)、ギャザーの量が違うのはわかるけれど、違うカーテンを付けたり部屋全体のカーテンを新しく作り替える事を考えると、これで何とか過ごせます。

この面のみ、クロスも張り替えました。

窓が変わったので、窓枠付近も大工工事が入り、クロス張替えは仕方なく。

元々、折りたたみのスクリーンなので、カーテンレールはレースカーテンの部分しか付いていません。

左側は窓交換したので、レールも付いてませんし、

普通の窓なので、本当はスクリーンごと普通のカーテンに替えるしかありませんが、節約です。

つっぱりポールでレースカーテンを付ける方法に。

これでいい。

良い方に考えれば、古いレースカーテンは両サイドの2枚がまだ残っているので、

真ん中で接げば、もう1式カーテンが出来る。

うっかり、窓を開けようと手を伸ばすと、普通のカーテンの様に中央から手が入らない。

これから暑くなると、窓の開け閉めも頻繁にすると思う。

やっぱり、このサイズだと中央に手が入る方が使い勝手がいい。

やっぱり残りのカーテンで両開きのカーテンに仕立て直ししようと思う。

少しは節約になったし、まずまずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA