朝から頭痛で寝てる中、工事してもらいました。

22日朝から始まったリフォーム、窓2箇所の交換工事。

工事二日目で、今度は酷い頭痛。

朝から調子が悪かったのですが、どうにも辛く起きてられず休んでますので、お願いします。

布団に入って寝てました。

熱は無いものの、痛み止めも効かず起き上がるとフラフラ。

もしコロナだったらと

掛かり付け医に電話し、医師と話しました。

すると、

「頭痛は脳神経科だな」と言われました。

夜、もっと酷くなると困ると脳神経科に行く覚悟をしたものの、外は雨。

車は工事中少し遠くに移動しているので、雨の中を歩いて行くのも辛い。

結局、工事の方にお願いしてベッドに入って寝てました。

工事1日目途中

古い出窓を、外の壁際から切り取り撤去して、LIXILのカバー工法と言う方法で窓交換。

窓枠の細工に時間が掛かっていた様ですが、1日でほぼ完成。

二日目夕方の画像ですが、ピンクのテープの部分は手直しが必要だそう。

室内のタイル等はそのままでの窓交換ですので、カバー工法しかなかった。

この部分は二日目は休みで、

二日目のメイン工事はクロス張替え。

キッチンの壁と、リビングの一面のみ。

ピンクのテープの箇所は、三日目に大工さんが手直ししてくれました。

下の画像は、工事二日目にクロスを貼り終えた後ですが、こちらはハウスメーカーの出窓から普通の窓に交換。

窓の形状が変わったので、大工工事を伴いましたが、1日目の半日で取り付けが終わりました。

ただ、外側はパネル交換と継ぎ目のシーリングを終えた状態で、半年前に塗装した箇所と色と違ってます。

来週外壁塗装で工事終了です。

床等の養生剥がしと家具戻しは3日目で直ぐに終わりました。

今回の窓は、内側と外側の色が違います。

そして、メーカーもカバー工法はLIXIL。

よって、キッチン側の窓は外から見ると、同じ白でも若干色が違ってます。

メーカーが違うとこうなるのですね、仕方がありません。

裏側で道路にも面していないので、気にしない。(本当は気になるけど・・・・)

リビングの他の窓は室内も白。(家中全部白)

リビングは、かなり以前にガラスのみをペアガラスに交換。

今回の窓交換はキッチンの出窓(単一ガラス)と、食卓横のペアガラスが重くて窓が下り、傾いているので窓が開かなくなったのを交換。

昔の窓はペアガラスでもアルミ枠の結露が酷いので、今回は樹脂サッシにしました。

ですが、樹脂の白は変色の可能性があります。

10年前にリフォームした浴室の窓。
樹脂サッシではありませんが窓枠に付いている一部部品、樹脂だと思われます。

只今、絶賛変色中。

この様に変色が予想されるので、樹脂サッシの内側は茶色を選びました。

3枚目画像では、まだレースのカーテンが付いてません。
古い窓に付けていたカーテンをリメイクして、使います。

古い家は、ツギハギだらけです(笑)

でもこれで精一杯。

キッチンの窓は簡単に手が届く様になり、もう踏み台は必要ありません。

食卓横も窓が開けられるし、普通の窓は開け閉めも楽。

手が届いて、普通に開けられる。(見かけだけの出窓は寒いし、もう懲り懲り)

普通に手が届き、開け閉め出来る事がどれだけ快適か!!これまでがどれだけ大変だったのか。

我ながら、よく我慢しながら暮らしたものです。

60代後半のリフォームは、片付け等が身体にキツイです。

できるなら、もう少し若いうちにすれば良かった。

せっかくリフォームしても、どのくらいこの家で暮らせるか不明です。

この歳だから、不自由で困りリフォームとなったのですけどね。

何も要らないから、楽な暮らしがしたかった。

元々、食い道楽でもなく、

足腰が辛いので、旅行もままならず。

ファッションや美容は気になる方で、本当はまだまだ身の周りにも気を使いたい。

しかし最近は、毎日の家での暮らしが楽になりたかった私。

またまた、お金が掛かりましたが、私にはこれで良かった。

これからが大変ですが、工夫して節約ブログを参考にしながら、年金内での生活に励むのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA