部屋の一面だけの壁紙貼り替えを選ぶのは難しい

外壁塗装で窓が開かなくなった件です。

結局、窓交換します。

その為、部屋の一面だけの壁紙を貼り替える事に。

トラブった窓の経緯は

傾いて開かなくなった窓(昔出窓をペアガラスに交換し、重さで傾いたと思われる)、上げることが出来るのか解決方法を探ってもらいました。

しかし、窓を開け閉めする金具が壊れ交換した際、純正では無い部品が付き開け閉めが難しくなった事と、金具の干渉と窓の傾きによって出来た隙間を改善できない。

その為、出窓から普通の窓に交換することにしました。

窓の形状が違うので、若干サイズが違います。

おそらく見た目は気づかない程度。

それでも、出窓の底板は無くなり、普通の窓の額縁に変わります。

よって、壁の補修等室内作業もあり、壁紙を貼り替えることになりました。

部屋全部を張り替えれば良いのですが、まだまだ使える。勿体無い。

業者さんもそう言われますし、私もそう思います。

で、貼り替えるのは、部屋の一面だけ。

 

この面だけ貼り替えます。

エアコン買い替えの際に出来た、左右の壁紙がない箇所もこれでやっと綺麗になります。

しかし

同じ様な壁紙がありそうで、無い。

仮にあったとしても、他の面とは若干色が違う。

白だったと思うのですが、多少黒ずんできてますからね。

似てるようで似ていない。

白でもない、アイボリーでもない。

壁紙選びが難しい。

エコカラットなど、違う素材にする方法もありますが、超高くて無理無理。

そして、ついでに35年の剥がれかけたキッチンの壁紙も交換する事に。

天井は、以前リビングと一緒に張り替え済み。

なぜ、こうなってるかと言うと、将来キッチンを対面式に交換したいのでその時にする予定でした。

だって、キッチンの壁紙張り替えは大変でしょ。

食器棚の中身を出して移動しやすいようにしなくちゃいけない。

それが億劫で、張り替え無かった。

今思えば、先の事はわからないから、あの時一緒に交換しておけば良かった。

だいたい、こうなりますよね。

人生は予定通りには行きません。

狭いキッチン部分の壁紙張り替えを依頼すると、材料代より人件費の方が高そうで気になりながら、暮らせるのでそのままにしてました。

そのキッチンも、今回は一緒に壁紙交換。

システムキッチンは古いままなので、白だったのがグレーベージュ?になってます。

白い壁紙にすると余計に汚く見えそう。

じゃあ、どんな色にすれば良いの?とこちらも悩みます。

他にキッチンは

横に長い出窓を、普通の窓に交換します。

何やら、出窓を壁部分で切り取って、カバー工法という方法で新しく窓を付けてもらいます。

外壁塗装時に一緒にやれば、多分もっと違う方法でした。

今更、余計なお金を掛けられないので、少しでも安くする方法がカバー工法。

さあ、どうなりますかねぇ。

友達には、リビングの壁紙は全面張り替えたら!とも言われました。

いやぁーーーー無理無理。

交換する窓は、上の画像の左側の窓。

普通の窓になると、上に畳んで上げるスクリーンは変だけど、厚手カーテンを全部交換するゆとりはありません。

レースのカーテンだって、今は出窓に沿って3枚付いてるので、普通の窓では横幅も長さも違います。

でも、今回はこのまま。

レースのカーテンは、つっぱりポールを使ってリメイクしようと思います。

使えるものは、使う。

昨年の今頃は全く予定に無かった外回りリフォームをしたので、仕方がありません。

これからは自分のこれから先を想像して、少しでも暮らしやすくしていくだけ。

新しい窓は、樹脂サッシです。

外側がアルミで、内側が樹脂。

結露を防いで、暖かいのは樹脂サッシより内窓をつける事。

しかし、今回は様々な事情で窓交換になったので、樹脂サッシにしました。

中途半端な、リフォームです。

これでも結構お金かかります。(ふぅーーーーー)

楽しみだったり、不安だったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA