半年ぶりにプールに行きました。

運動して良いと言われていても、昨年の手術後もまだ痛みや麻痺が残っていたり、新たなヘルニアが再発したり。

痛み止めなどの薬も飲み続けています。

昨年の痛みは体が覚えているので、再発の痛みに怯えて暮らしています。

泳いで大丈夫だろうか?痛みが酷くなるのでは?そのような恐怖心が消えません。

4月から行き始めた、理学療法士さんによる筋膜リリースのおかげで体の歪みが少し解消されて、痛みと麻痺も軽減されてきました。

保険が効かないので治療費は痛いのですが、薬を飲み続けるより良いと行き始めた理学療法士さんに「プールに行って泳げない理由がわからない」と言われました。

この方は以前水泳選手で背泳ぎを得意とされていましたので、先生に背中を押されてプールに行く勇気が出ました。

背泳ぎは体幹の矯正にも良さそうです。

「正しい姿勢で泳ぐならね!」と、言われ、

胸を張って、「綺麗な姿勢で泳ぐと言われています」なんて言っちゃいました。

そして半年ぶり、泳げるか不安で溺れるんじゃないか?

どんな練習をしていたのかすら忘れています。

とりあえず、板キック。

腰が反るので、ビート板練習はあまりできません。

しかし、最初は定番通りにビート板。

足がヘロヘロです。

25m行って、戻るのはキツイ、キツイ!!

息も絶え絶えです。

プールには人が少なく、コース内には私一人でしたので、背浮きをしてみました。

大丈夫そうなので、背泳ぎのキックだけ。

ビート板のキックより楽。

次はプルもつけて、背泳ぎ。

leoleobobeo / Pixabay

妙に力が入ります。

力は抜くんでした。

力を抜いて、腕をかきますが水がキャッチできずに抜けてる感じ。

そのうちコツがつかめますが、左腕が辛い。

普段の生活では、背面に向かって腕を回すことはありません。

背泳ぎの後ろへ腕を回す動作は、水圧の負荷もあり二の腕にこたえます。

キツイので力の弱い左は、つい肘を曲げてしまいます。

手の平の角度も悪いのでしょう、右に比べて水をかく音が違います。

休みながら、練習しましたよ。

鈍った体には、キツイキツイ。休みながらです。

途中から、クロールにも挑戦。

なんとかとりあえず、泳げました。

結局苦しくて、1時間も泳げませんでした。

その後は特に問題もなく、無理をしなければ水泳を続ける方が体調が良さそうです。

側湾症と脊柱管狭窄症の手術で、背骨は固定してあるので普通の人のように背中・腰を動かすことができません。

動かせない箇所のすぐ上のあたりは、こわばって張りが出るのですが、背泳ぎで少し解消されて楽になれます。

最近は、お腹ポッコリと二の腕の振袖状態も気になりますし、体力をつけないといけないので、マイペースで水泳を続けようと思います。

体を動かすことは何より気持ちがいいです。

しかし左脇の下、背中側から腕にかけてが痛い、普段使っていないってことですね。

夏に向けてシェイプアップします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク