わっ、小さなサイズ。

子供用じゃないよね。

だって、145cmや150cm。

なんと中途半端な、151cmの表記も。

私は嬉しいですけどね。

しかし、シニアは花柄と決めていませんか?

花柄でも良いですけど、もう少し垢抜けて欲しい。

世の中のパジャマはゆったりサイズで、小柄な人はパジャマの中で体が泳ぎ大きすぎます。

しかし、145cmとは驚きました。

骨粗鬆症で縮んで小さくなることは知っていましたが、こんなに小さくなるのでしょうか?

このように小さな表記はこれまで見かけませんでした。

高齢者が多くなったということでしょう。

だとすれば、10年後には私は140cm位になってしまうかもしれません。

わぁ・・・・大変です。

吊り戸棚など、手が届かない場所も増えますね。

浴室もリフォームで広くしたら、バスタブ内で体が泳ぎ浮いてしまいます。

身長が縮むと、ホテルの外人さん仕様のバスタブに入っているようになりますね。

広々とした浴室でゆったり入りたいのは多くの人の希望ですが、体が不自由になってくると大きなバスタブは怖くなります。

むしろ長さは普通のバスタブで、バスタブの端には腰掛けできるスペースを設け、高さがある方が体が安定します。

上に高くではなく、下に深くですね。

障害者の住宅などで、このようなタイプを見たことがあります。

不自由な箇所によってカバーが必要な場所も変わりますので、単にバリアフリーと言っても全ての人にお勧めとも限りません。

難しいところです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク