目覚めて時計を見ると9時過ぎで、驚いた

今朝、目覚めたのは9時過ぎです。

こんな時間まで寝たのは何十年振りかで、驚きました。

と言っても、

いつものように3時か4時頃には目が覚めます。

中途覚醒が始まってから、2年以上。

熟睡感が全くありません。

中途覚醒があっても、比較的すぐに眠れるので、薬に頼ることはせず過ごしています。

時々お昼寝もします。

今朝も5時頃1度目が覚め、いつの間にか眠ったようです。

父の葬儀以来、精神的にとても疲れていて寝過ごした。

人が一人亡くなり、代が変わると言うことは後継ぎは大変。

次は、49日の法要。

その前に実家の仏壇を、弟の家に移設するとか。

予定していた場所がピッタリすぎて、仏壇の扉の開け閉めができず移設前に改装。

そして

お坊さんにも来てもらうので、どうやらそれらの事で頭がいっぱい。

それらに比べると、私が関わっていることはごく僅か。

それでも、色々電話したり、電話がかかって来たりと対応に疲れました。

人と人の間に入り調整するのは本当に大変。

心がこんなにも疲れたのは初めてです。

自分自身が喪主の時は、もっと大変でしたが

わけもわからず右往左往、年齢も若かったしね。

一方で、地域の法要のお供えについて、初めて聞きびっくりすることも。

その言葉で検索すると、超ローカルで引っかかるので書けませんが、完全に業者さんの思うツボじゃ無いかと思います。

不謹慎になるかもしれないので、これ以上は辞めておきますが。

その様なあれこれに疲れます。

父の死で、死というものに改めて触れた事で、娘は私に(葬儀のこと、お墓のことなど)どの様にしたいかと色々聞いて来ます。

はっきり残しておいたほうが、残されたものも楽。

わかるのですが、私には今はまだその様な余裕がありません。

次々とたたみかけて聞かれると、理解が追いつかず頭が痛い。

目の前のことを一つづつ。

元々不器用なので、物事を進めるのが遅い。

それが、歳を重ねるごとにますます遅くなりました。

私の人生の終わりまでに間に合えば良いのですが、それは誰にもわからない。

本当に疲れました。

映画、PLAN75 観てみたい。

予告編だけで、ドキドキし涙が溢れそうだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA