節約本を買ってしまった

この物価高騰と、年金金額も少しづつ下がり、生活は厳しいです。

節約の為にと、節約本を買ってはキリがありません。

また、本の中で自分が必要なのは、ほんの僅か。

これまでの経験からわかっています。

そうは思ったのですが、図書館の蔵書検索でも引っかからない。

メルカリにも出品されてるのですが、すぐに売り切れる。

アマゾンの試し読みで、少し中をのぞき

やっぱり読んでみたい。

結局、購入しました。

私が興味のある記事は、試し読み以上には多くの情報はありませんでしたが

平均的に役立ちそうな情報があったので、マズマズです。

70代ブロガーの紫苑さん、60代のショコラさん。

お二人とも工夫して生活され、とても刺激を受けました。

他の方は、収入が多いのでそれなりの支出。

もっともっと工夫して生活しなくてはダメだと、改めて感じています。

さっと読んだ本は、メルカリで売るか?このまま手元に置いて何回も読み返すか?

60代後半からでは、無理なく貯めて一生楽しく暮らすのは無理かと思いますが、貯蓄を取り崩す生活を少しでも改めたい。

今年は、化粧品も衣服もこれまでとは違い、ほとんど買っていません

日用品費を使い過ぎ。

ガーデニングもやりたい。

お花は、

昨年秋に宿根草を仕込んだので、

今年1月以降に購入したのは

先日、スーパートレニア を1株(498円)だけ。

でも最近、アマゾンでトタンのジョウロを買った。

プラスチックはすぐに紫外線で劣化するので、初めてトタンのジョウロを買いました。

他にも

裏の通路を歩くと苔で滑るので、自分で透水プレートを敷きたいと思っているのですが、余計なお金を使わない方が良いのかな?

苔駆除剤を撒いても多少滑り、足を滑らせて転びそうになったことも数回。

転んで怪我するより透水プレートを置こうか?

そして

安いレンガで花壇を作りたいけれど、これも余計なことで手を出さないほうが良いのだろうか?

家にある在庫を使うので、必要なレンガは10個以内、1,000円以内で収まるかも?

それすら、作業が腰に応えないかと考え、慎重にです。

体調と財布と相談しながら。

外に出て庭のお世話をできる期間は、あと10年もあるのか無いのか?

マイナスには考えたく無いので、花に触れる楽しみを優先したい。

日々、考えが微妙に変わるこの頃です。

下の画像は、昨年秋に初めて植えた宿根草(半耐寒性多年草)

オキシペタラム(ブルースター)です。

こんな優しげな、水色の花が好きです。

ウエディングブーケにも使われるそうですが、この花の事は全く知りませんでした。

花言葉は「幸せな愛」「信じ合う心」「星の精」「早すぎた恋」「身を切る思い」など。

ブルースターの開花期は、5〜10月頃

花のサイズは3cmほどの5弁花です

つぼみはピンクがかったブルー

最近は、宿根草で開花期の長い花を選ぶことが多いです。

失敗もあり、いくつかはダメにしてしまいました。

それでも最近の楽しみはガーデニング!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA