残念な姿のクリステル鍋をピカピカに

これから梅雨になると、家事がはかどりませんね。

そこで、そんな日にぴったりの家事。鍋磨きです。

ブログに鍋が汚いのをそのまま載せたので、鍋を磨こうと思い立ちました。

ジフなどのクレンザーを、クシャクシャにしたラップで磨いても綺麗になりません。

分からない事は、すぐにネット検索です。

普通に洗っても落ちないステンレス鍋の裏側のなべ底。焼け焦げがこびり付いて落ちません。

とりあえずある物で、使えるもの総動員で(いつ購入したのか分からない洗剤も)磨きました。

完璧ではありませんが、まあまあ許せる範囲にはなりました。

鍋内側の底はさほど苦労しなくても落ちますが、外側は大変です。

磨く前の写真はとっていないのですが、同じメーカーの鍋でサイズ違いと比べると

多分この右側の様な汚れでした。

右側は汚れ以外に適当に磨いて傷が付いた、残念な姿のクリステルの20cmサイズの鍋。

今回使ったのは、耐水サンドペーパー。

ネット検索では、最初に1000番で磨いて仕上げに2000番で仕上げとなってましたが、手元にあるのは1200番。

これで磨いても落ちない箇所は、少し目の荒い400番で磨きました。鍋の裏なので、買いに行くより有るものでやってみました。ただし様子を見ながら。

重要なのはに沿って磨く

なべ底は丸く磨きます。

鍋の側面も周囲に沿って丸くです。決して縦に磨かない様に。

仕上げ用の2000番サンドペーパーが無いので、手元にある洗剤で磨いて仕上げました。

お肉の発泡スチロールトレイをちぎって使うのも、オススメと見てこれもやりました。

発泡スチロールのトレイは、ちょうどスポンジ消しゴムが圧縮されて固くなった様な感じです。

広い面の他にも、鍋の縁裏などの細かい箇所を磨くにも便利でいい。

これからの梅雨時には鍋磨き、オススメです。

ここまで下書きをして、翌日(今朝)また鍋磨き。

今日は16cmのクリステル鍋。

見事に汚れてます。

鍋の裏底の汚れは落としにくいので、今日は重曹につけてから洗うことにしてチャレンジ。

26cmのステンレスフライパンに、重曹と水を入れてその中に16cmの鍋を入れました。

16cm鍋の裏底の汚れを落としやすくする為ですが、途中でフライパンの中の重曹水を鍋にも入れて一緒にグツグツ。

沸騰すると鍋が動きますし、重曹水が飛び散りますが最後に拭けば、IH周辺の油っぽい汚れも落ちてサラサラになり、一石二鳥です。

その後は1200番のサンドペーパーで擦ると、重曹の効果なのか昨日より汚れが落としやすかった。

次にステンレスをピカピカにする洗剤をちぎった発泡スチロールトレイで磨いて、最後にもう一度中性の台所洗剤で洗っておしまい。

昨日の写真と比べると色が違いますが、照明の関係かと思います。

左斜め上の10時の位置だけがピカピカなので、別の洗剤を使うとここまで落ちるのかもしれません。

まっ、とりあえずはこの程度で満足です。

鍋を湯煎したフライパンも、同様に洗うと綺麗になりました。

フライパンの鍋裏底は重曹水でグツグツした訳ではありませんが、鍋全体が暖まっていた為か汚れは落としやすかったですよ。

昨日より、作業は断然早く終わりました。

落とし方はわかったのですが、ここまでの汚れにする前に小まめに洗うべきでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA