今更ながらナチュラルクリーニング

今更ながらですが、ナチュラルクリーニングにハマってしまいました。

重曹もクエン酸も、電解水も、セスキ炭酸ソーダも以前から買い置きがあったのですが、使う用途は決まっていて使いこなせていませんでした。

界面活性剤を使っていない天然成分だから手に優しいと、最近は毎日のように使っています。

ナチュラルクリーニングって何?(Lecサイトへ)

特にフライパンや鍋の、こびりついた汚れを落とすのに活躍してます。

ちょっとしたこびり付き汚れには

汚れた鍋やフライパンに、水1カップと大さじ1杯の重曹を入れて煮立てて汚れをふやかし→→スポンジでこすり落としてすすぎます。ほとんど力もいらず、簡単に綺麗になります。

が、

IHコンロの周りには白いブツブツがたくさん飛び散り汚れます。

しかし、

その後拭き取ればコンロ周りの油汚れもスッキリ落ちるので、一石二鳥かと思います。

カレー鍋には

カレー鍋などベトベト油汚れはセスキ炭酸ソーダ。

セスキ炭酸ソーダを振りかけて、スクレーパーやキッチンペーパーで拭き取り、水かお湯ですすぎます。(粉振りボトルを使うと便利/アルミ・銅には使えません。)

困っていた事

以前は、購入時の袋のまま使っていると、ジッパー部分に粉が付いて、閉まりにくくなったり

空き容器に適当に入れてた時は中で固まり、使う度に箸などで突いて潰さないと出なくなったりと、使い難かったです。

専用容器を取り入れた

そこでどんなものかと、レックの詰め替え容器を購入してみました。

粉振りボトル(重曹など、固まっても上下に振れば蓋裏がダマを砕く)

思った程ではありませんが、蓋裏の突起が多少は砕きます。

詰め替えボトル(粉末洗剤用)

注ぎ口が外れ、キャップは大さじと小さじが計れるラインがあります。

四角形で安定が良く、倒れ難いと思います。

使ってみて!

どちらも思っていたほどではありませんでしたが、多少は使いやすいですかな?の程度です。

買ったのは、1点づつ。

左側の前後の2点がレックの容器で、重曹を入れて使用してます。

右側の2点は、他メーカーの重曹が入っていた容器や、ふりかけボトルで代用です。クエン酸は固まらないので、有り合わせで使用してます。

他にも重曹とクエン酸の、泡スプレーを導入しました。

泡が汚れに貼り付き、包みこんで落とすので、使い分けしてます。

以前の袋のままや、重曹が中で固まるふりかけボトルより、使いやすくなりました。

念の為、裏には使用方法を切り取ってテープで貼り付けました。

見た目はイマイチですが、自分が使いやすければOKなので、これで十分。

容器も使いやすくなり、キッチンの片付けにはほぼ毎日使うようになりました。

使えば、使い方のコツも分かってきます。

少しでも手に優しく家事をこなせればと、今更ながらナチュラルクリーニングに目覚めた次第です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA