骨密度の推移と治療予定

骨密度は昨年9月からDEXA法で、測定してもらってます。

かかとで測る簡易測定とは異なり、腰椎と大腿骨で測定します。

もう10年以上前になりますが、脊柱管狭窄症で歩けなくなり、腰の手術は3回。

骨の老化が進んでいるので、昨年から半年に1回程度骨密度検査を受けてます。

腰椎 L.234を測定した結果です。

BMDは骨密度で、今回は0.752g/㎠ です。

Tスコアは若い人と比較した値、74% です。

Zスコアは、同年代と比較した値、97% です。

グラフを見ても、徐々に下がっています。

大腿骨L Total 測定結果は

BMDの骨密度、今回は0.614g/㎠ です。

Tスコアの若い人と比較した値、71% です。

Zスコア、同年代と比較した値、92% です。

こちらは前回より、少し上がっています。

前回3月の測定時の医師の言葉は

腰椎には変形があり、その変形部分の数値を拾っている可能性があるので、大腿骨の数値が正しいでしょう。

と、

同じ考えで見ると大腿骨は増えてる。

4月から、明治の低脂肪牛乳「ミルクで元気」を届けてもらってます。

1本で、1日分以上のカルシウムと鉄分が取れ、カルシウムの吸収を促進するビタミンDと血を作る働きの葉酸が入っています。

低脂肪牛乳は苦手だったのですが、飲めたので毎日1本。

まさか半年で、効果が出た?

いやいや・・・、腰椎は下がってる。

医師も、判断が悩ましいところのようです。

治療は通常、70以下になったら開始するそうです。

結局、12月にインプラントの最後の手術を予定しているので、薬での治療はその後にしましょうとなりました。

その間に、転んで骨折でもしたらと、難しい判断です。

あの時に治療開始していればとならないよう、とにかく注意してます。

歯と骨はどうやら関係があるらしく、整形外科に骨折などで入院している人は、入れ歯の人が多いです。

病気に大小はありませんが、今の私が注意すべきは骨折と歯を1本でも多く残す事。

LDLコレステロールの数値が上がり、今月から薬も飲むようになりましたし。

本当は飲み続ける薬は飲みたくなかったけれど、受け入れるしか仕方がないです。

コレステロール値が高いのは、家系的なものも。

全身では

髪は、もともとくせ毛だったのに、老人性くせ毛が加わり、肌は薄くて過敏、何でもOKとは行かず、多少お金がかかります。

歯は、定期的に歯科医に行ってたし、歯周病なども無いのに、抜くしか無く、10年以上前にインプラントを入れた1本目。

残せるかと思ったけれど、残せず抜いて2本目のインプラントは現在治療中。

これに懲りたので、治療しても痛みが治まらない3本目の歯は病院を探して、根幹治療の専門医へ。
保険診療では無いので、これにもお金がかかってます。
しかし、この専門医の治療はこれまでと全く違います。
治療時の感覚的な違いと、説明が分かり易い。

首は今のところは大きな異常は無いと言われているのに、寝ると首が痛くてたまらない。

腰は側湾症に脊柱管狭窄症が加わり、腰椎後方固定術を受けています。
結果、腰椎はチタンのボルト8本で、固定されてます。
手術を受けて歩けるようにはなりましたが、腰を自由に曲げることはできません。

そして、固定されている骨の上下には、負荷がかかりやすくヘルニアが出来やすいことは聞いてました。

やっぱり最近は、ヘルニアに悩まされています。

その後、ヘルニア手術は左右を1回づつ受けています。

2回目のヘルニア除去では、ボルトが邪魔をしていたので、少しボルトを削り取れるだけをとった状況。

腰椎椎間板ヘルニア手術は

この部分のヘルニアが影響し、時々左臀部から脛にかけての痛みと痺れが出ます。

次に手術が必要な状況になったら、ボルトを全部外し、ヘルニア除去とボルト延長の手術になります。

当然今より、体の自由が効かなくなりますし、場合によってはヘルパーさんに手伝ってもらわないと出来ない事も出てきます。

腰からくる足のしびれや痛み、現時点では薬や病院でのリハビリも積極的には受けず、3ヶ月に1回程度パーソナル理学療法士に、緊張した箇所を緩めてもらいます。

その都度痛い箇所に合わせて、自分でできる体操なども教わります。

私の体にはこれも必要経費。

全身色々と維持費が掛かります。

減らしたいけれど、増える一方の医療費とメンテナンス費。

自分の体に筋肉をつけて、筋肉によるコルセット効果をもたらすのが一番だそうです。

やっぱり、運動

骨量を増やし筋肉をつける。

痛い程の肌もそこそにはケアが必要。

この3つが優先順位。

テレビで流れるCM、気送り力低下には脳に必要な何とかとか。

気にはなるけれど、これ以上は無理だから。

あまりブレずに、開き直って暮らします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA