古くて機能が落ちたら買い替えがベスト/浮き指の事

買い替えたタオル地5本指スリッパが、届いて履いています。

新しいので、フカフカです。

指の間のタオル地も、まだしっかりしていて厚地なので履くのに苦労します。

足裏アーチも痛い程に効きます。

古いスリッパ、まだまだ履けると思っていたのですが既に機能は低下していたようです。

新しいのを履いてやっと気付きました。

破れていなくても、機能が低下したらもうそれは使い切ったのと同じでした。

捨てられない性格でも、もっと的確に使い切ったことを悟り生活を快適にしたいです。

そうそう、7月18日のためしてガッテンで浮き指の事を取り上げていましたね。

私は4月上旬まで、ひどい浮き指だったのです。

自分ではどう頑張っても、足の指を全くつけることができない状態でした。

当時通っていた理学療法士の先生は、私の歩き方・立ち方を見て異常に気づかれました。

先生がほんの少し何かをされると、これまでと同じ状態で立つだけで指が床に付いているのです。

その時何をされたのか、全くわかりませんでしたが今考えると足指付け根のアーチを直されたのでは無いかと思います。痛くも何ともありませんでした。ほんの少しだけ調整してもらった感覚しかありません。

最初に調整してもらってから、3ヶ月以上経ちますが指は床に付いています。

浮き指は、腰痛・膝の痛み・肩こり・頭痛などに繋がる可能性があるのです。

指をしっかり付けて立つ事で人間は体のバランスを取っているのです。

ためしてガッテンを見て、改めて思い出しました。

浮き指で調べると、「足ゆび運動ぞうり」も販売されていました。

私はとりあえず、タオル地スリッパで足の指を広げて指先に力を入れる事を意識して歩いています。

そしてガッテンで紹介されていた、「ひろのば体操」をやってます。

そして、理学療法士の先生から直接指導された体操が3つ。

眠い日はサボりますが、バランスを保つために続けています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA