ゴミ20kgを捨てて来た

ゴミ、20kg分を持ち込みで捨てて来ました。

次の該当ゴミの日はまだまだ数ヶ月先。

邪魔だったので、車に乗せて行きやっと処分できてスッキリ。

可燃性粗大ゴミと、プラスチックごみ(リサイクルプラ以外のプラごみ)と、食器類。

私の住んでいる地域は、ゴミ袋は指定があり高いです。

家庭で出た粗大ゴミは、無料で収集してもらえます。

しかし、可燃性粗大ごみ、不燃性粗大ごみそれぞれ半年に1回しかありません。

収集日まで、家に置いておく必要があり邪魔!

そんな訳で、同じ場所で処理できるごみをまとめて持ち込んだ次第です。

車ごと計量されて入り、最後のゲートでまた計量。

今日のゴミの総重量は20kgでした。

自分で運べる重量はそんなものです。

ごみのメインは、木製ゴミ箱。

4月上旬に届いた無印のゴミ箱を買うまで、何年も使って来ました。

新しいゴミ箱が届いて2ヶ月も家の中で邪魔だったのです。古い食器やタッパウェアの保存容器なども捨てて、やっと家の中がスッキリしました。

普段行かない場所へ自分で車を運転して行くのは、結構勇気が要ります。

車の運転が苦手な事以外にも、理由があり行けなかった。

それは

なんと、車のタイヤに亀裂が入っているのを発見し、車の運転が不安だったのです。

車検を8月に入ったら受ける予定で、それまで大丈夫かなぁ??

なんて、悠長な事を考えてました。

タイヤがこんな状態になるまで乗ったのは初めてです。

次の車検は7年目。これまで一度もタイヤ交換をしていませんでした。

自分でタイヤの亀裂に気付かなければ、そのまま乗っていたかも知れません。

走行距離によるタイヤのすり減り以外にも、経年劣化による亀裂が起こるなんて知らなかったです。

車検や点検はディーラーに出しているのですが、これまで一度も言われたことがありませんでした。

以前のトヨタ車の時は、スタッドレスは性能が落ちてるからと交換し普通タイヤも溝が交換ラインまで来てるからと交換。

今の車は、あまりにも乗らなすぎてもうすぐ7年ですが、走行距離は16000キロ。

走行距離が少なくても、タイヤの亀裂は怖い。

梅雨時期のスリップや、夏場の高温でタイヤの不安を抱えたまま車に乗るのは嫌。

そんな訳で、タイヤ4本交換し

やっと安心して車に乗れ、ゴミ捨てに行けたという訳でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA