30年以上使用しているダイニングテーブルの、塗装が剥げ悲惨な状況です。

隠す為に、テーブルクロスを使用することが多いです。

しかしクロスを掛けないと使えない、使いたくないテーブルというのも面倒なものです。

テーブルの縁と、天板部分にも大きく剥げている部分があります。

補修用クレヨンを塗った箇所もありますが、剥げている面積があまりに広い為、クレヨンでもどうにもなりません。

ダメ元で自分で塗装も考えますが、手をつけることができません。

娘からある情報をもらい、試した結果です。

わかりやすい三角の箇所を実験箇所としました。

一回、試した後の状態は

かすかに色が付いていますね。

何度も重ねることで、もう少し色がつくでしょうか?

実施したのは、オリーブオイルと酢を同量混ぜたものを傷の箇所に乗せ、キッチンペーパーで塗り込みました。(木材にシミをつけるような感じです)

小さな面積なら、この方法でいけるかも知れません。

大きく剥げている箇所は、両方の手のひら以上の面積に剥げています。

中途半端に色がつくのも、逆に不自然に目立つ気がします。

それなら・・・・と思いついたのが、ヘアカラー。

以前床に落としてしまい、拭き取っても落としきれなかった箇所がこれ。

ヘアカラーを塗る方が簡単では?と考えました。

これも色艶が違うと逆に目立つ??と、やっぱり却下。

やはりテーブルクロスでしょうか。

気に入ったものしか置きたくない私。

少し前に見かけて気に入ったテーブルは約15万円。

現在のテーブルは65センチと、低めなので椅子も買い替える必要があります。

その時に見かけた椅子は、約7万円だったと。

1脚がですよ、7万円!!

軽くて、テーブルの上に上げて掃除したい時も楽。

軽いけれど、しっかりした作りでした。

最低2脚は必要、すると椅子が15万円でトータル30万円越えです。

今の私には高すぎて、この価格が税込だったかすら記憶がありません。

テーブルや椅子の脚がグラついているなら、買い替えするしかありません。

でも、見た目が酷いだけでビクともしていません。

ここはごまかして使い続けるしかないのが、現実です。

「テーブルを無くして、ローテーブルのみにすれば」と娘。

しかし、多少膝に痛みも出ています。

今後を考えると、ローテーブルは無くても良いけれどテーブルは必要です。

娘:「テーブルじゃなきゃダメ?」

私:「他には?」

娘:「カウンターを付ける」

それ、本当は私もしたい。

けどね、現状を考えるとリフォームも必要。

リフォームしたいけれど、今は無理。

娘:「いつ頃を予定してるの?するなら早い方が」

私:「うん、解ってるけどね・・・・」

思いは色々あるけれど、大きな額となると実施できません。

結局優柔不断で、実行できない私です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク