薬代が恐怖です。

1度に1万円越えなんて、年金生活ではありえません。

メインは整形外科と現在は眼科。

他にも続けたい薬はありますが、お休み中です。

以前は入院時に全く動けず寝たきりで便が出なくて困り、摘便までしてもらいました。

入院中は、薬マグミット330mg(便を柔らかくし、便通を良くする薬)1錠を1日3回と、頓服薬として便秘時にセンノシド錠12mg「トーワ」を1回に2錠服用していました。

センノシド錠は、大腸内の細菌の作用で腸のぜん動運動を亢進させる物質になり、大腸粘膜を刺激して腸の動きを促進し、排便を促す薬ですので、腸は痛いほど動くのですが出せなかった便が硬くなり出せません。

浣腸だけではダメで、看護師による摘便でやっと出してもらいました。

その後は「マグミット330mg」1錠を1日3回、次第に便が緩くスルリと出るようになったので、1日2回に。

1日に3〜4回も排便するようになり、夜のみ1錠に変更。

この薬は、自然に近い理想的な便が出るので私には合っています。

退院時には、回数が減ったため、マグミットが大量に残っていたのを3月上旬まで飲んでいました。

マグミットでは、腸壁に残っていないのでは?と思うほど少し柔らかめでありながら、型のある理想的な便。

トイレに入って、数秒で完了。

できるだけ、薬に頼らず食事等で出すよう気をつけていますが、マグミットを飲んでいた頃ほどスルッとはいきません。

睡眠もそうです。

元来寝つきは良いのですが、寒かったりトイレに行きたくなったりで目覚める事も多いです。

入院中は、アモバンテス錠7.5mgを飲んでいました。

大部屋では自分のタイミングで寝付く事も難しいし、看護師の見回りや同室の方のナースコール、廊下をバタバタする音などで何回も目覚め睡眠不足になり処方してもらいました。

寝付く努力をしても眠れず深夜0時ごろお願いしたら、1/2錠が出されました。

その後は眠れないから出してもらうではなく、10時頃には薬を1錠飲んで寝ることにしました。

ところがアモバンテス錠による副作用、口中のにがみが出ました。

食事に苦味を感じ食材の味がわかりません。

当初は薬の副作用と知らず、味覚センサーが傷ついておかしくなったかとすら思いました。

他の薬に変えますかとの提案もありましたが、4年前の入院時に処方された眠剤は翌朝頭が重く気分が優れなかった記憶があり、自分には眠剤は合わないと思っていたのです。

この薬は苦味以外、私にはとても合っています。

飲むと20分位で、手先足先の力が抜けていくのがわかります。

いつのまにか眠り朝までぐっすり、夜中にトイレに行きたくなる事もなく気持ちよく起床できます。

地震などが起こっても気づかないのでは、と思います。

自宅に帰れば眠れるだろうと思いましたが、足の痛みが気になり薬無しでは眠りにつけず、近所の内科へ風邪の受診時にお願いして処方してもらいました。

しかし薬は1回1/2錠で。

最初は残りの薬も少ないし、病院より寝るのも遅いため自分で包丁で半分に割っていました。

包丁の刃はガタガタになるし、割る時に飛んでいってしまうし、残り半錠の保管にも気を使います。

内科医に1/2錠処方ができると聞き、最初から1/2錠処方にしてもらい楽になりました。

苦味対策になってるかどうかは不明ですが、舌の上に乗せないよう飲み込んでました。

この飲み方で何度か咽せたので、良い方法ではないかもしれません。

同じような種類の他の薬を探すのが賢明だったかも。

私にとってマグミット、アモバンテス錠のどちらも日常が快適になる薬ではありますが、その他のお薬代が高額であることや薬に頼らず生活できるのならと、現在はこの2種類を辞めています。

いづれにせよ、薬ですから飲まずに済むなら飲まないで健康的に暮らしたい。

しかし便秘と睡眠どちらも大切ですから、お薬で生活の質が向上するといいですね。

薬には副作用が出る場合もありますし、他の薬との飲み合わせもありますので、かかりつけ医と相談しながらにしましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク