病院ツアーと、ついに高齢者に多い病気に

今日は、とても寒いです。

今、冬用のムートン風スリッパを履いて、ブログ書いてます。

最近の私は「go to travel」 ならず、まるで病院ツアー、「go to hospital」です。

今月は、健康診断から始まり、インフルエンザ予防注射。

その後、健康診断の結果を聞きに行くと、即治療が必要と言われた項目が!

元々高かった、LDLコレステロール値が180を超えてしまいました。

薬を飲んだ方が良いそうです。

数値的にも、シッカリ老化を突き付けられました。

あまり強い薬なども勧めないかかりつけ医ですが、もう、コレステロールの治療をすべきだそうです。

ず〜〜っと、飲み続けることになるようです。

他にも、ぐっすり眠れないので、不眠時に飲む薬をもらいました。

強い薬はオススメしないと言われて、ベルソムラ錠という薬です。

寝つきは良いのですが、今年になってから、長くて2時間短い時は1時間ごとに目が覚めて眠れません。

寝る前にスマホを見ないなど、努力はしましたけれどやっぱり無理で最近は頭痛もあり、中途覚醒時に頭痛があるとますます辛い。

そんなことから、不眠時の薬をもらいました。

私の場合、中途覚醒も老化。

1回の中途覚醒なら我慢しようと、私なりのルール。

入院中の看護師のラウンドで何回も目が覚め、眠った気がしない。そんな感じです。

昨日今日の2日間で支払ったのは、10,200円。

一番大きかったのが整形外科。

ヘルニアによる、臀部から足の痺れがあるのと、骨密度の検査を受けるつもりで行きました。

腰椎レントゲンに追加で、頚椎と手のレントゲンも。

頚椎ヘルニアなども心配だったので、レントゲン撮影が多くなりました。

手は、レントゲンを見る限りは異常と言えるほどではないそうですが、両手の指第二関節が痛いのが続いているので。

膠原病リュウマチ検査の為に血液も3本とりました。

その為に、整形外科支払いは7,420円にも。

ヘルニアが進んでいないか確認したのですが、レントゲンでは解らないのでMRI検査になるそうです。

また次回血液検査の結果を聞きに行く時に、痛みが治らなければMIR検査を受けようと思います。

しばらく病院は歯科者しか行ってなかったのですが、急に病院ツアーになってしまいました。

心も、体も、皮膚もあちこち痛い。

頭痛は肩こりや、心の痛みもあるかもしれない。

少しでも痛みを取りたくて、我慢して4ヶ月半行かずに過ごしていた、ゴッドハンドの理学療法士の先生に連絡。

少々の痛みなら取れるので、施術をお願いするつもりが連絡がつきません。

本業は病院勤務ですから、施術可能な日も限られてます。でも行きたい。

連絡がつかない。そうなるとどれだけ私の体に重要な存在だったかが、よくわかりました。

先生か家族が病気か、よんどころない事情が発生か。

困りました。

施術をケチって、病院の検査が増えて余計に高くついた。

水着かぶれ以来、プールにも行けてません。

傷は治ったのですが、弾力が失われた皮膚はクリーム状の薬をつけるだけでも痛い。

もう少し皮膚を強くしないと、水着は無理かな?とプールに行けない。

ヘルニアによる痛み、痺れがあるとストレッチもサボりがちで、悪循環。

心がふさいでいる時も、やる気がおきない。

友達が、ソワソワ・ざわざわして何も手につかないって言ってたのですが、ちょうどそんな感じで積極的に何かをする気になれません。

最低限の用事と通院。

そんな感じのここ数日を過ごしています。

寒いし、心も沈みがちな事があったし、財布も軽く懐が寒い。

今夜は、暖かい鍋でも食べます。

それにしても、65歳を越えるとひっそりとではなく、老化が真正面から大きな波の様に押し寄せてきます。

骨密度治療は、ギリギリのラインなので、予定しているインプラントの治療が終わってからにしましょうと、なりました。

医師もその間に、私が万一骨折でもしたらと判断が難しいところのようです。

転ばないよう気をつけてても、転ぶ時は転ぶし骨折する。

歳をとると、骨折で寝込むとそれ以降体が動かせ無くなったりと、追加で症状出てきますものね!!

自分の事ができなくなったら、1戸建での一人暮らしは難しい。

出来るだけ、自分のことは自分で暮らせる状態でいたい。

誰にも頼れないし、施設に入ってまで長生きしたいとも思わない。

けれど、誰にも解らないしなるようにしかならない。

ここまで老化街道を、一気に進む自分の体が怖い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA