メーカーの間違った対応についての、問い合わせその後

ハンディ掃除機が動かなくなり、メーカー問い合わせした結果を記録として残します。

同じメーカーの掃除機を使ってらっしゃる方は、過去に同じ様な説明を受けた方もおありで、おおよそ見当がつかれるのではないかと思います。

(今回、キチンとした説明とお詫びがありましたので、ここではあえてメーカー名は書きません。)

9月26日の記事、サポートセンターの回答に納得できなかった件。

掃除機壊れすぎで、メーカー対応に文句言いたい

問い合わせメールを送ったのは、9月25日の金曜日。

そろそろ、回答が届くかとメールを待ってました。

迷惑メールに入ってるかも?とチェックも怠りません。

29日に、電話をいただきました。

メール送信しましたが、遅れなかったのでと電話でした。

(後で、確認すると私が自分のメールアドレスを間違えてました。)

そして、電話での内容はやはり最初のサポートセンターの担当者が間違った回答をされていた。

2回目の担当者の回答は正しかった。

今回頂いた電話で、全てが解決しました。

回答者によって、ばらつきがあったり間違った回答をしないよう、今後社内教育を徹底します。

と、

迷惑をかけた事へのお詫びでした。

自分自身の忘備録を兼ねて、結果を詳しく書いておきます。

今回の私のケースでは、充電できることは確認できているので、単純なバッテリー交換で9,900円(税込)であった事。

万一バッテリー交換でも動かなかった場合は、バッテリー交換後3ヶ月以内の修理であれば、その他の修理代一式が6,600円(税込)となること。

つまり、バッテリーに3カ月の保証が付いているので、送料負担も無しで一式全部をメーカーに送って修理できる。と、いうものです。

原因がバッテリーか不明で、最初から丸ごと一式修理としてメーカーに送った場合が、送料自己負担で修理代が約20,000円かかると言うものです。

この説明なら、納得できます。

そして

使えなくなったバッテリーの入った、ハンドユニット部分についての処分方法について、再度確認すると、2回目担当者さん、間違ってはいなかったけれど、説明不足と上から目線の回答であったと。

これに付いても詳しく教えてもらいました。

まず取説を要約すると、

家庭ゴミとして処分できません。リチウムイオン電池はリサイクル可能な貴重な資源です。廃棄については、各自治体の指示に従ってください。不明な点はお客様サポートまでお問い合わせください。

自治体へ問い合わせると、

リチウムイオン電池を外してと話が始まったのですが、自分で外せない構造でしたので、回収していないとのこと。

家電量販店に持参すれば捨ててくれるとは思いますが、購入先では無いので、持ち込み難いです。今度何かを買った時についでに処分をお願いするしか無いのかなぁ。それまで邪魔だけど。

もしくは、メーカーに処分を依頼する。

サポートセンターに電話で申し込み、処分する番号を発行してもらい、送料自己負担でメーカーに送る。送り先住所は、その時に教えてもらえる。

そのような順序です。

結局今回は、処分したいので送り先を教えてくださいと伝えると、

ご迷惑をおかけしたので、わずかですが着払いでお送りくださいとのことでした。

いろんなやり取りがあったので、ここに書きました。

今回の電話の方にも伝えましたが、今後は担当者によって対応が違ったり、間違った回答のない事をお願いしました。

電話で直接声を聞いて話せたこと。誠意のある話し方であったこと。

私が、長文で説明した事への理解も示していただきました。

(メーカーサイトの問い合わせ欄、狭いスペースに書き込むと途中で飛んでしまったり苦労した経験があるので、テキストで文書を打ち込んでコピペして送りました)分かり易いよう、番号を振ったり苦心するものの、テキスト形式では複雑な事はできません。それに機種依存によるとかで、送れない文字もあったりと、問い合わせメールを送るにも時間がかかりました)

とにかく理解をしていただけたのが、良かった。

まあ、そんな訳で、一件落着です。

ネットで家電などを購入する時には、口コミも読みます。

この掃除機については、やはり様々な口コミがありましたので、購入者が納得できる対応のお客様サポートであって欲しいと思います。

しかし、リチウムイオン電池は持ち運べるテレビのPanasonicプライベートビエラにも入っていたはず、ネットで安く買えるのは助かりますが、リチウムイオン電池の処分にメーカーへ送るのは困りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA