私は外出には、腕時計を使います。

近所のスーパーへは、着けないことも多いです。

とすると、1年に何回使用するでしょう?

腕時計は好きですが、さほど高価なものは持っていません。

しかし4個持っています。

仕事をしているわけでありませんので、1週間に1回の使用なら約52回。

週2なら約100回になりますが・・・

忘れて外出する時もあるので、多くて50回??

4個をフル稼働するのも無駄です。

電池切れのまま使わないと、時計がダメになるかと電池交換していますが、ローテーションでどれかは電池切れのまま眠らせておきます。

そんな中で、一番使いやすい時計の時間が大幅にズレる様になりました。

1日に30分?いえ、もっとかも?

これまでは電池切れで、突然止まっていたのに。

これほど時間がズレる時計は初めてです。

分解掃除が必要かも?

そうなると、4個もあるのにお金をかけて掃除する?となります。

かと言って、文字盤の小さな時計はブレスレット感覚でしか使用できません。

大きすぎるのも、仕事をしていない今の私には似合わないし、好きではない。

骨格スタイル診断でウェーブタイプなので、似合うのは細めデザインでブレスレットウォッチ、フェイスは丸型・正方形・小さめなどで、ベルトは細い金属製です。

つまり、一番右側は似合わない時計だからか、どうもしっくりしません、時間は一番見えやすいのですが。

ゴールドの文字盤で革ベルトの時計は使い難い。背景がゴールドは文字も見え辛い。そして、ウェーブタイプが似合うのはゴールドよりシルバーです。

そんなわけで、今回時間が大幅にズレる時計が一番使いやすかったのです。

決して時間が見えやすい時計でもありませんが、持っている中で比較的使い易い。

シルバーで小さめ。

金属ベルトはシルバーですが、一部ゴールドが入っているのでアクセサリーがシルバー・ゴールドの両方に使えます。

しかしこれから先を考えると、もう少し見えやすく使いやすい腕時計に買い替える方が良いのでは?

腕時計こそ、ピンからキリまであります。

アクセサリーと割り切れば、1000円以下でもあるでしょう。

私には、時間の見え易さも必要です。

もし買い替えるならば、63歳の今が最後となるでしょう。

購入の決心はつきませんが、おそらく分解掃除が必要と腹をくくって時計屋さんに行きました。

すると、「電池の力が弱かったので、交換したら大丈夫です」と。

良かった〜〜〜。

あれこれ、心配しすぎました。

電池交換して2日目ですが、時間は合っているので大丈夫そうです。

これで使えるならば、もっと年を重ね時間が見えにくくなったら、今は好きではないけれど、手持ちの一番大きい時計を使いましょう。

一番小さな時計は真っ先に、お別れですね。多分。

次が今回の時計。

革ベルトの時計は、もう30年以上使っているのですけど、まだまだ使えそうです。

文字盤が見える限り、使います。

本当はシニアの私に使いやすい腕時計を1個、新しく新調しトータル2個に絞りたいところです。

しかし、財政の優先順位があるので、手持ちの時計で様子見します。

4個もあるのに使い難い時計ばかりで、残念な時計事情でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク