口を大きく開けることと、口元をアィーンとします。

やり始めたきっかけは、一人暮らしで喋ることが少ないせいか、食事の時に口が思ったほど開いていない事があります。

普通にお箸を口に運ぶと、たまに食べ物が入らず突っかかることがありました。

口も老化です。

それ以来何か作業しながらでも、普通に大きく口を開ける練習をしていました。

ところが、テレビでの健康番組で見かけた、指3本チェック

縦に指が3本楽にはいれば入るほど良いそうです。

私は、チョットきつい。

それ以来、縦に指3本を入れる練習。

最初の頃は、顎の下あたりが痛かったですよ。

おたふく風邪でも?という感じの箇所が痛い。

そのうちに慣れました。

楽に入るほどでもありませんが、まあ普通に入ります。

顎が衰えると、顔が垂れてくるそうです。

自分では開けているつもりでも、意外と開いていないので、必ず指を入れながら大きく5秒間開けます。

1日に3回です。

そして、もう一つはアィーン体操。これも5秒間を1日に3回です。

アィーンは結構難しい。

別の日に見かけた番組では、まず口角を上げ、次に下唇を前に出す感じでやってました。

こちらの方が私はやりやすいです。

口元の歪みも気になるので、下がっている方を上げる意識でやっています。

もう1ヶ月以上行っています。

今日は歯科医院に行ったのですが、以前はもう少し開けてくださいと言われ、開けるのが大変でしたが今日は楽勝でした。

片側ばかりで噛んでいると、噛まない側がたるみ歪んだ顔になります。

特に写真ではよく分かります。

歯と顎、口元の老化を防いで健康に過ごしたいものです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク