「初回無料」商法が刑事罰になるんですね

定期購入が苦手です。

特に、スマホからの申し込みや買い物は慎重になります。

スマホは手近にあって便利だけれど、小さな画面では見落としも!

パソコンの方が画面も広く見やすく、

ネットショッピングも見落としなんて事もなく、慎重にできます。

「初回無料」商法に刑事罰へ「定期購入」の記載義務付け

の記事読みました。

ネット購入で、初回無料とか半額とかって、定期購入の場合が多いです。

画面が小さいスマホでは、内容の確認が疎かになりやすいのです。

そう考えると、シニアこそパソコンを使う方が良いかも知れませんね。

スマホで何でもできる便利な世の中になりましたが、小さな画面では怖いと思う事が良くあります。

特に「初回無料」商法。

無料以外にも、1000円以下の安い金額で試せる場合も多いですね。

私の場合ですが、

いくら安くて、お試しで良かったとしても

その後続けられない価格なら、お試ししても無駄。

そこで、お試しの前に実際の商品価格も調べるのですが、ほとんどの商品が商品価格が出ていません。

なぜなら、初回無料の専用ページでまずは試して欲しい。

そんな気持ちが見え見えです。

サンプルの少量商品ならまだ良いのですが、

いきなり正規商品を使って、合わなかったら返品も可

のやり方も多いですよね。

返品条件がやたらと厳しくて、パッケージを開けたら不可って書いてあったページも見ましたよ。

何の為のお試しだか、意味不明です。

初回、無料や半額

そのままだと、定期購入になってしまいます。

申し込む前に、解約の方法も確認したはずなのに、実際購入し解約しようとすると解約ページが見当たらない。

単に見つけにくいだけの時もありますが、

会員になる前と、なってからのページが違ってて、

解約ページが本当に見つからない場合もあります。

解約についての、

画面のスクリーンショットを撮っておくって、本当に大事ですね。

それにしても、

初回「無料商法」に刑事罰、「定期購入」の記載義務付けって、遅過ぎませんか?

今頃やっとだなんてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA