自分で出来ない事や苦手な事には、お金をかけても仕方ないです

今になってやっと気付きました。

節約したくても出来ない事。

苦手なことには、少しお金を上乗せして解決するしかありませんでした。

先日のことですが、外付けDVDドライブをどれにするか悩み、家電量販店で店員さんに聞いてみると、意外にも一番(?)安いので大丈夫と、教えてもらいました。

高いのは1万円以上します。何が違うのでしょう?

どうやら、ブルーレイの再生や記録ができるかできないかが大きな違いだそうです。

よくわからないのですが、Macではブルーレイは再生できないので、付いていなくて大丈夫ですと言われました。

全く知識がなくてわかりませんので、店員さんのアドバイス通りに安いのを購入してきました。

ところが、箱を開ける前に疑問点が色々あり娘に質問したところ、自分でわからないのならわかりやすいソフトが入っていたり、使いやすい機種を選ぶべきと言われてしまいました。

そこは、ケチらずお金で解決すべきだと。

はい、ごもっともです。

他にも疑問点があり、購入したDVDドライブのメーカーのサポートへ電話しました。

けれど、電話がつながりません。「混み合っていますので、しばらくしてお掛け直しください」だそうです。

家電などの購入前には価格コムで、口コミなども調べます。

すぐに壊れて反応しなくなったなんてのもありますので、ネット購入ではなく、少し高くても近くの家電量販店に足を運びました。

せっかく安いのを勧めてもらったのですが、市販のDVD再生ができないと書いてあったのです。

娘によると「おそらく他にアプリをダウンロードすれば対応するだろうけど、不安ならメーカーに聞いてみれば」と。

肝心のメーカーの電話回線が少ないのか繋がらない。

Macのアプリは英語のものが多いです。

滅多に使わないDVDドライブ、四苦八苦してやっと使えても次にはもう忘れてる。

それなら簡単に使える方がいい。

結局ケチらない方がいいと言われまして、今日交換に行ってきました。

追加金額を支払いましたけれど、Mac OSに付属の標準アプリで映画鑑賞もバックアップもOKのものにしました。

まだ使っていませんが、これなら大丈夫でしょう。

素直に、アドバイスに従って投資しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA