高齢者観察

高齢者が多い病院に入院していましたので、人間観察がじっくりできました。

私は最初の2週間は起き上がることができませんでしたので、聞こえてくる声からどんな人だろうと勝手に想像していました。(他には何もできないので、耳がダンボになるかスマホをいじるか)

99歳の方の所に毎日来て、数時間普通に話し込んで帰る女性の方。
てっきり娘さんかと思えば、お嫁さんだとか。
同居されていない次男さんのお嫁さん???
実の娘のように、お互いに言いたい放題に聞こえました。
毎日数時間を病院で過ごされて、普通に会話できる事に関心しました。
耳も遠くなく何の問題もなさそうですが、99歳にもなると、新しい事が覚えられないようです。
テレビの消し方がわからなくなって、隣の人や看護師に何度も聞いておられました。
「家のはわかるんだけどね」と

どうすればそんなにお嫁さんに好かれるのか。
さらりと会話されてたのが、記憶に残っています。

お隣のベッドの方は、耳が遠いので夜中でも何度もナースコールし、看護師とともに声が大きい。
でも、イヤホン無しでNHKばかり見て、時々きゃっきゃと笑っておられ、可愛らしいお婆さんを想像しました。
息子さんに毎日新聞を届けてもらって読み、入院前は様々な会に所属して若いお友達がいらっしゃるようで見舞客が若い声。

高齢者ばかりの病室は早い時間から、いびきの合唱が始まり、私はなかなか寝付けません。
うとうと〜〜とすると、ナースコール。
次付きとトイレに行きたい!!と。
それも声が大きいので、寝るタイミングを逃すこともしょっ中で、途中から眠剤をもらいました。

手術前はそんな部屋でしたが、皆可愛らしいおばあさんで不思議と他の部屋に変わりたいとかは全く思いませんでした。
できることなら、顔を見たかった。

声だけだったので、勝手な想像で人間観察していました。

みなさん、骨折。
骨粗しょう症からの骨折ですね。
骨折した足を地面につけてはいけないと何度言われても、車椅子から移譲で足を床につけてしまい、皆看護師を呼ばないと車椅子に勝手に座ってはダメと言われてました。

やはり骨ですね、骨。

骨密度が下がらないようにしないといけませんが、女性は特に難しいですよね。

歯も大切ですね。

入れ歯にならないようにと、改めて思いました。

手術後に移動した部屋は、トイレのすぐ前。

まるで漫才のやり取りのような、おばあさんと看護師の会話。

トイレに行きたいって、看護師を呼んでおきながら

お婆さん「あれ〜どこ行くの〜〜」と大声。

看護師:トイレ行きたいからナースコール押したんでしょ
お婆さん:・・・・・

看護師:手を洗って行こうよ
お婆さん:誰が?
看護師:あなた、あなた
お婆さん:・・・・

看護師:お昼食べたよね?
お婆さん:いつ?誰が?

な〜〜んて、面白い会話が聞こえる部屋。

看護師さんは、やはりすごいです。
高齢者が何度同じことを聞いても答えてくれ、失敗しても少々のことは怒らない。
忍耐強い。
身内だと怒ってしまうかもしれません。

トイレの前の部屋なのに、不思議な会話が聞こえ思いがけず楽しく過ごしました。

普通はうるさくて嫌だなと思うのでしょうけど、トータル35日間。
ヘルニアで起き上がれない激痛の間と、手術当日と翌日の2日間を除くと不思議な経験をした入院生活でした。

ずっとは嫌ですが普段一人暮らしなので、周りに人の声が聞こえる入院生活は案外楽しかった。
静かなのが好きですが、意外な自分を発見。

可愛らしいお婆さんを見習って、うまく歳を重ねたいです。

 

4 COMMENTS

nonbiri

そうそう、私も入院生活は、普段は会うこともない人を身近に裏から観察したいい経験でした。カーテン越しに聞こえてくる人間模様は裏事情まで筒抜けで、ライブ感覚でドラマを見ているようでした。快適とは言えない入院生活でしたが、人間ウォッチングはちょっとした暇つぶしでいい経験が出来たと思っています。他のベッドの見舞客の優しい声が聞こえてくると、こちらまで慰められたり、その逆もあったり…。退院してからの静けさに、自分が今までこんなに静かな生活を送っていたのかと、入院生活が懐かしくなったりもしたんですよ。今日pansyさんの体験を読んで、思い出したり、共感したりしました。

返信する
pansy

本当にそうですよね。
入院中は手術した痛みを持つ病人同士でしたので、年齢は関係なく共感できる部分が多かったです。
nonbiriさんとは同じ手術、お互いの苦労や手術後の痛みも分かり合えますね。
また今回感じたのは、年上の方から学ぶことが多いということ、逆に若い方からも刺激を受けたい。
静かなのが好きですが、これからは機会があれば年齢を問わず友達を作りたいなぁと思います。
趣味のサークルとかに参加できるといいのですけど、市主催の教室にはいつも外れてばかりでチャンスがありません。
水泳教室も休んだままで、もう無理かな?と思います。
水着を着るのも、体を少し捻るようにしないと着れませんから、難しいかもしれません。
上下分かれているタイプなら大丈夫かも?と諦めの悪い私です。
でもやはり濡れた水着の下を脱ぐのは難しいですね。
このままだと、もう一度ボルトやり直しになるかもしれないのです、私。
現在の固定はL2〜L5。
今回のヘルニアはその下、S1との間です。
固定しているため、負担がかかってヘルニアが発症しやすい箇所のようです。
手術後10日で麻痺が出てきたので、再度ヘルニアを削り最悪S1まで固定になる可能性があります。
歩けるのですが、足の指の下の膨らんだ部分。歩く時に重心がかかる箇所の感覚が変です。
膝から下の外側も感覚が鈍いです。
今より症状が進むと歩けなくなる可能性があり不安です。
その時は、再手術しかないと思っていますが、歩ける限りは先に伸ばしたい。
腰に負担のかからない生活を心がけるしかありません。

返信する
nonbiri

再手術は避けたいですよね。
私も腰の上部は感覚が無く、太腿も手術前と同じしびれが残っています。腰もいつも重しを載せているようで、夕方は痛みが強く出ます。湿布を貼ったり、服薬でしのいでいます。
でも、手術前の激痛や、安静が長引いたせいで筋肉が無くなり歩くことも出来なくなった頃を思えば、今は不自由ながらも暮らせることに小さな幸せを感じるようになりました。

ご存知かもしれませんが、参考になるかもしれません。「脊椎外科医の戦場」というブログ。私は手術後に読んだのですが、色々知ることが出来ました。私の主治医は説明が非常に少なかったので、このブログで納得することがたくさんありました。

返信する
pansy

nonbiriさんの体調やご様子、手に取るようにわかります。
つい、以前の状態に戻りたいと思ってしまいます。
おっしゃる通り、「小さな幸せ」ですね。
本当にそうです。
また「脊椎外科医の戦場」、知りませんでした。
まだ少ししか読めていませんが、参考になりそうなことが書いてありました。
私の主治医も、今回も含め2名とも説明が少なかったです。
とても参考になりそうですので、じっくり読んでみます。
本当にありがとございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA