曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

ちょっ、ちょっと待って本当なの??!!

最近詐欺メールが多いです。

それも私が使用中の複数のアドレス宛に。

AmazonAppleを名乗るものです。

少し前には不思議な、ショートメールも届いていましたが無視。 オレオレ詐欺のメール版?? 娘が電話番号変えたのかと、返信しそうになりました。

080-◯◯◯◯-1234 しばらくママとの連絡はこの番号やで!

この◯◯◯◯が私と同じ番号。 こんな文面から始まり、娘が電話番号を変更してふざけて関西弁なのか?と思いました。

念の為、lineで確認すると違うよと。

私にはこんな口調でメールしてくる人はいません。 どうなるのかと興味があり、削除せずに放置。 トータルで3回のメールが届き、最後は月謝のお札は用意したけど小銭の用意ができなくて・・・とお金の話。 しかし私が、食いつかないからかここ迄でした。

何がしたかったのか、単なる間違いで3度も送ってくるとは思えませんので、新手のオレオレ詐欺かもしれません。

昨日は、JAL振り込め詐欺被害で3億8千万の被害にあったニュース。

私にも以前利用した、ある会社からのメール。

迷惑メールに振り分けられていましたが気づいて、開いてみると!!

カード情報流出の疑いがあります。

オンラインショップのサーバーを管理委託している会社のウェブサーバーに対し、外部からの不正アクセスの疑いがあり、その内容を調査したところ、お客様のクレジットカード情報が、一部外部に流出した可能性があることを確認しました。 流出したのは ①カード会員名 ②カード番号 ③カード有効期限 ④セキュリティコード

えっ!エエーーーー!!セキュリティコードまで

流出期間が書いてあり、私が利用したのはこの期間ではありません、今朝確認のため電話しました。

もちろん、メール内容をすぐには信じずに別に自分でサイトを開き直すと、オンラインショップは被害拡大防止のため停止中。メールに記載の通りでした。

利用日ではなくて、決済が行われた日が流出期間に該当でした。

該当しなくても、こんなメールをもらったら、カードの再発行を依頼するしかありません。

カード再発行の手数料につきましては、お客様のご負担にならないようカード会社へ依頼しております。

だ、そうですが・・・。

再発行の連絡先に電話しても待たされるばかり。 ナビダイヤルで30秒10円でしたっけ? アナウンスが流れ、用件ごとの案内番号を聞いて、やっと該当番号をプッシュし話し中で音楽を聴く事しばし〜〜。 待たされる間、チャリーン・チャリーンとコインが落ちていくかのようです。

電話で再発行を依頼し、1週間から10日で手元に届くそうです。

あとは、このカードを登録している引き落としなどを変更する必要があります。

オンライショップでは極力カード情報の登録をせず、面倒でもその都度カード情報の入力をしています。

今回の件のショップもカード登録をしていないのですが、利用した為に情報流出だそうです。

何を信じ、利用するのがベストなのか。

現金が一番??かもしれませんが、今の時代現金だけでは難しい。 振込手数料がかからなければ、振込もありですけどね。 ただし、ネット振込が私は楽。

カード精査と支払い方法について、また勉強する必要が出てきました。