同室の入院患者さんのご主人です。

その時、彼女は手術後まだ1日半しか経っていませんでした。
少し痛みが治まった頃。

前日の夕方は野村沙知代さんがお亡くなりになったニュースを聞いて、話をした翌朝の事です。

なにやら慌てて焦り、涙声のパニック状態。
よく聞こえませんが誰かと話し、ただならぬ気配です。
親戚の方が来られ、ご主人が今朝亡くなられたと。

実際間近で、こんな話を聞いたのは初めてです。
気付いたら私、自分で自分の手を握りしめていました。

彼女はまだまだ治療が必要ですが、とりあえず点滴などで外泊準備を整えて、帰って行かれました。
翌日は、一旦病院へ戻り、再度点滴を受けてまた自宅へ。

彼女にかける言葉は見つかりません。
手を握っただけです。

また、発見されたのは朝ですが検死の結果、実際には前日の夜11時頃。
発見された時には、電気もテレビもストーブも付いたまま。
入浴後に部屋に戻って、ヒートショックだったとか。

あれこれと、こちらからは聞けません。
「私が側にいたら」とばかり言ってました。
「苦しんだ様子もなく、穏やかな顔だったのが救い」

そんな話をしてくれて、病室を出て行く後ろ姿が痛々しかった。
私はそのまま退院したので、その後の様子はわかりません。
自営業とお聞きしていたので、大変だと思います。

いつ何が起こるかわからないと、常日頃思っています。

いくら「ピンピンころり」が良いと言っても。
実際に身近で聞くと、信じられません。

ヒートショック!

冬場は、よく聞く言葉。
我が家は、あまり温度差が無い。
全館暖房ではなく、冬なのに全館冷房状態。

節約もありますが、現在はそれ以上にマスクをしても喉が痛いので、エアコンをすぐに止めてしまいます。

加湿器もありますが、大きくて重いので今年の冬は出していません。
水を入れるのも重くて大変。
空気が乾燥して、喉が苦しくて仕方ありません。

そんなわけで、足元暖房や電気ストーブが活躍しています。
部屋の温度はあまり上がりませんが、体は暖かいです。

現在寝室に使用している部屋は、オイルヒーターを明け方からタイマーで快適に起きることができます。
洗面所はセラミックヒーターで温め、浴室も事前に浴室暖房で暖かくしておきます。
寝る前の寝室は、入浴中にエアコンを付けて。
戻って寒ければ電気ストーブ。

夜は、寝室から水回りまで温度差なしで快適に。
日中の室内は寒いので、着膨れ状態。
夕方からはリビングにエアコンを付けますが、息苦しいのですぐに消します。

そんな生活ですので、おそらくヒートショックは無いかな??

でも、わかりませんよね。

話が逸れますが、ダイキンのエアコン「うるるとさらら」
良いんでしょうね。
室外の空気を取り込んで、加湿してくれるエアコン。
調べてみると、他社メーカーよりお高い。
室外機も大きい。
高値の花です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク