預金の預け替えに時間がかかり過ぎ

いつからか使わずにいて無効になってしまったマル優の手続きをして、預金の預け替えをしてきました。

とっても待たされて、時間がかかりました。

リスクのない預金は、ほぼ利息がつきません。

それでも使えるマル優があるなら、やはり使わないとね。

事前に必要書類を調べて、余裕を持って行ったのですが時間かかり過ぎです。

なんだか非効率な、やり方をされてるような気がします。

それに、悪いことは絶対にしませんから預かって良いですか?と

印鑑を持って奥へ行かれて、かなりの時間戻ってこられなかったのは不安です。

大丈夫なのかしら?

ネットで確認できない預金の部分が不安です。

今時、誰も信用できません。

預けた印鑑で払い出し書に押印されていたら、どうなるのかな?と不安が頭をよぎります。

それにしても、低金利の預金利息の20%などたかだかしれています。

面倒なだけかもしれません。

これまでも、あまりに低い金利で使わなくなったマル優枠。

今思うとそれでも良かったのに。

外出は億劫だけれど、手間を惜しんではいけないと改めて実感しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA