教えてもらった、ライスポットが欲しい

炊飯器の調子が悪い記事を書いたら、ブロ友さんからご飯を炊くお鍋「ライスポット」を教えてもらいました。

フライパン倶楽部で紹介の宮崎製作所さんの炊飯鍋 ライスポット

一目見ただけで可愛い。


フライパン倶楽部より引用)

いやぁ〜〜、これはもう絶対に可愛い!!

見れば見るほど気に入りました。

本体はオールステンレス。

2合と5合の2サイズがあります。

私は2合がちょうど良いかな?

サイトによると、

本体が丸みを帯びた可愛い形なのですが、これお米が対流しやすい形状なのだそうです。

吹きこぼれもなく簡単に炊ける。

オールステンレスで凹凸も少なく洗うのも楽。

土鍋の様に割れる心配も無い。

私の様なおっちょこちょいにはピッタリ。

ガスでもIHでも使える。

ご飯だけでなく、スープや煮物作りにも使える。

炊き方はフライパン倶楽部のサイト説明によると

  1. 沸騰するまで強火で、弱火にして5~10分。
  2. 火を止め15分蒸らして、ホカホカごはんの出来上がり!

もうこれを選ばない理由はないです。

価格はフライパン倶楽部では税込11,000円。

お値段だけだと、アマゾンやヨドバシ.comですとお安く買えます。

さらに調べると、ライスポットにはステンレス以外の材質もありました。

お値段もそれぞれ異なります。

(画像はAmazonより引用)

私はステンレスで良いかな?と思ってます。

近いうちにぜひ買いたい炊飯鍋です。

アマゾンではクチコミも様々ですので、ご自身の判断でご検討ください。

一つだけ、気になる点も教えていただきました。

それは

大体きれいに洗えてはいるのですが、ご飯のでんぷんの様なものが完全に落ちきれないのか?内部が曇った様になりました。(外はきれいなままです)
時々、徹底的にクレンザー等使って洗うとピカピカになると思います。

との事でした。

多分このお鍋にすると思うのですが、ハリオのご飯釜も気になります。

ハリオには土鍋以外に、IH対応の雪平(ステンレス・アルミニウム・内側フッ素加工)もありました。

どちらのお鍋もクチコミが良いですが、中には厳しい意見もあります。

要は使い方なのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA