リフォームって、毎回トラブルが付きもの

リフォームって、毎回トラブルが付きものです。

特に住みながらのリフォームでは、困る事もあります。

先程、外の水道蛇口の付け根が折れて、今水道を止めてあるそうです。

つまり、突然水が出なくなった。

なんでも、足場が水道に当たり折れたのだそうです。

大事にならなくて良かったといえば、良かった。

私は、窓を開けて二階で作業していたので、水が吹き出す音がしてましたが、そんなことになっているとはつゆ知らず、エプロンを作る為の裁断をしてました。

我が家の水道の劣化なのかどうかは知りませんが、設備屋さんを手配して直ぐに直してくださるそうです。

良かった〜〜。

こんな風に色々あります。

ちなみに前回10年前の室内リフォーム時には、出来上がった洗面所の床が二箇所盛り上がっている。

なんだか変で直してもらいましたが、それでもまだ凸凹してて再度やり直し。

床のクッションフロアーを張り直すために、設置した洗濯機を何回も移動しました。

その為かどうかは定かではありませんが、リフォーム終了後から洗濯機がスムーズに使えなくなりました。

3回も移動しましたからね。

家電量販店の修理の方に見てもらうと、バランスがうまく取れなくなっていた記憶があります。

最初は修理の予定だったものの、確か10年経過の洗濯機で修理しても再度不具合が出てくるかもしれず、部品が入荷するまで洗濯機の修理ができない。

新しいのを買う方が早い。って事で、洗濯機買い替えになりました。

家族が少ないので、これまで洗濯機は15年程度は使えたので、とても残念。

遅かれ早かれ壊れたのでしょうが、数回洗濯機を移動したことがキッカケであったような気はします。

こんな風に結構色々とトラブルが、リフォームには付きものです。

時々、何かが頭上から落ちる音もします。

玄関先に、5cm程度の釘が落ちている事もあります。

外に出る時は頭上の音を確認しながら、作業していたら、何かが落ちてくるかも知れない。そう思いながら、音がしなかったら目視で確認して外に出てます。

あと少し、我慢我慢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA