コートリメイクと、車椅子ユーザーエプロン

古いロングコート、リメイク出来るかと保管したまま数年が経過。

娘は車椅子ユーザーなので、コートも着にくい。

汚れても洗濯しやすい服装や、アームカバーをハメたりして汚れ防止をしてます。

以前、私にはデザインがちょっと若いし短くしたら着る?

と聞くと

着るかも?と返事。

切ってみました。

ポケットとボタンの位置を考慮して適当に。

ハンガーに掛けると、

うん、まあまあいけるんじゃないの!

車椅子でも邪魔にならない丈。

そう思って画像を送って、娘に確認すると。

「ロングより、可愛い」

「ベルトもあるけどいらないよね?」と聞くと

「着るとは言ってないよ」

おや、まぁ・・・

確かに着るか聞いたのは数年前。

気持ちが変わって当然。

じゃあ、私が散歩や冬にプールへ行くのに着ようかな?

裏にはキルティングが貼り付けてあるので、裾の始末に迷います。

中途半端なまま、保管するより最後まで仕上げなくちゃね。

しかし実は今は、

エプロンを縫ってるのです。

車椅子ユーザーの為の、エプロン。

良くあるのは、介護を受ける人が食事の食べこぼし防止エプロン。

車椅子ユーザーでも自立している人は、エプロンだって必要。

普通のエプロンは、当然ですが前と後ろはほぼ同じ長さ。

しかし、全く立てない車椅子ユーザーはお尻の下は不要。

そこで、娘からの要望で後ろはウエストラインまで。脱ぎ着が簡単に出来るエプロンが欲しいとのことで、前だけが長いエプロンを縫ってます。

ネット検索で使えそうなデザインと型紙を探し、そこから必要な丈に変更して縫ってます。

ところが、頭がこんがらがって変更ばかり。

サイドを片側だけ持ち出しを作り、ボタンで開け閉めするタイプです。

右利きさんだったら、使いやすいのは左開きボタンだよね!

で、左右の間違いが無いよう何回もイメージして裁断したのに・・・・

いざ縫い始めると、裁断した見返しは右側。つまり右側開きになってました。

「間違えた、デザイン変更してもいい?」

許可をもらったので、かぶりタイプの右開きエプロン。

後ろが短い、車椅子ユーザーの為のエプロン。

今、縫ってます。

市販のバイヤステープで、襟ぐり袖ぐりを始末する予定だったのですが。

ダウンロードした物を参考に、デザイン変更しているので、訳が分からなくなってきました。

縫う順番とかを良く考えないと、どこでどう縫えば良いのかチンプンカンプン。

結局、バイアステープはテープメーカーを使って、手作りに変更。

布が足りないので、ハギをたくさん入れないとバイアステープが作れないと、拒否してました。

ところが、うまく裁断できたので、バイアステープ分も取れました。

布さえあれば、テープメーカーを通しながら、アイロンかけるだけで簡単にバイアステープができます。

これなら、表布を包むタイプのバイアス仕上げにできます。

今日も、こんな事をやってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA