リフォームのきっかけと経緯、リフォーム費用

家の見た目、古くて汚くてもいい。

リフォームにお金を掛けられないから。

どうせお金を掛けるなら、見た目より室内の使い勝手を良くしたい。

けれど、そんな余裕は無いし、後何年自立して暮らせるかも分からないので、このままでいい。

そう思ってました。

ところが、リフォームをする事になり、やっとほぼ工事が終わりました。

依頼した工事は終了ですが、壊れてしまった外の足洗い場付近の修理まで完了するのは、職人さんの都合もあり、10月15日。

全く予想外の外壁等のリフォームは調査から終了まで、約半年かかりました。

通常はこんなにかからないと思います。

この度、リフォームする事になったきっかけは、

そもそも、遠のいていたガーデニング熱が復活したのが今年の春。

外で作業していると、外回りの不具合が次々と見つかりました。

そこで、調査点検をしてもらったのが、4月15日。

この時点で、前回塗装からの年数を考慮すると、屋根の再塗装はお勧めしないと言われてました。

屋根はカラーベストなのですが、以前の塗料がまだ残った状態で塗装しても剥がれやすく、受けられない可能性があると。

見積もりをもらうまで約2ヶ月空いてしまい、儲けも小さな工事はやる気が無いのね、きっと。

と思い、他社で見積もりをもらうか、もう少しこのまま様子見をするかと思っていた所に、連絡があり見積もりをもらったのが6月10日。

見積もり金額

うっ、た、高い。

最初に気になった箇所の修理は、シーリング打替工事。

この工事に足場が必要だそうで。

さらに調査では屋根の方がさらに問題あり。

屋根ですか・・・・・・


(イメージ画像)

結局、屋根重ね葺きと樋交換、シーリング打替工事に、足場が必要で産業廃棄物処理だのなんだかんだで、結構なお値段。

外壁は塗装無しの現状のまま、最初に伝えたのは見た目は汚くても良いので補修で、一番低予算でどのくらい掛かりますか?

からの見積もり。

う〜〜ん、私の車より高い金額。

そこそこの普通車が買えます。

もう一つの見積もりは、お勧めしないと言われたカラーベストの屋根も上から塗装。

外壁も屋根も塗装のパターン。

シーリング打替工事と足場の追加で、樋交換は無し。

普通の丸ごと塗装に、シーリング打替工事が追加された工事。

こちらだと、10万円くらい安くできます。

それでも、普通の塗装屋さんに依頼する工事より、かなり高いです。

ハウスメーカーの工事は高い。

見積もりが出る少し前に、お一人暮らしで素敵なお宅のご近所さんから情報を得てました。

どちらで塗装されたのですか?と聞いていたのです。

とても親切、丁寧な塗装屋さんとお勧めでした。

その塗装やさんに連絡するつもりでいた所、ご近所さんのお宅へ来られ、我が家の話を聞き立ち寄ってくれました。

誠実な感じの良さそうな方でした。

玄関での立ち話ですが、工事についても少し聞きました。

ハウスメーカーの見積もりが出た後で、工事内容を聞いていましたので、

塗装屋さんの工事と比較し、安いのですが少し不安が残り

ハウスメーカーリフォームは高いのを承知の上で、その後何回かの内容見直しの上で、最終的にハウスメーカーリフォームを決めました。

途中、色々不安だったので娘に相談しました。

娘達は、この家には住まない。

賃貸にでもする?と聞くと

先の事より、私がこれから先不安なく住めるのが一番との事。

この先、ますます年老いて身体も不自由になり、判断能力も衰える。

雨漏りが、壁がと不安を持ちながら暮らし、よく分からない業者に騙されて、妙な工事をされぼったくられるより、判断できる今のうちに不安を無くす工事をしておくのがベストでは無いか!と

そのような経緯から、真冬の足元の冷えが辛かったので、1階の床下に断熱材を入れる工事を追加。

アンテナも新しいものに交換しました。

近年の天候などを考慮し、屋根では無く壁付けアンテナに。

足場を建てる為、テラスの屋根を外します。

そこで、交渉。

テラスの屋根はポリカーボネートで長持ちするのですが、ビスが劣化して外れてる箇所もあり、全てのネジをステンレスにサービスで交換。

そのほか、若干の気になる箇所の手直し修理もサービスで。

そこから、契約までは早かった。

最終契約は、6月30日。

着工予定は、お盆前後との事。

しかし、職人さんもお盆は休み。

足場を建てたままで工事が盆休みに入るより、お盆後の方が良いとなり

足場が立ったのは、8月21日。

4週間の予定でしたが、雨で屋根工事が遅れ

結局足場が外れたのは、9月25日。

途中で、追加工事も発生。

工事期間中に、なんと床下換気扇が壊れました。

床下換気扇撤去を追加。

換気扇が止まったので、万が一を考えて洗面所に点検口を取り付けてもらいました。

洗面所の床下には入れない構造になっていたので、仕方なく(;Д;)

多少の手直しなどなどあり、9月30日で工事終了確認書にサインしました。

支払いも全部終わらせ、竣工図面をもらいました。

最終的には、私の車2台以上の工事代金になりました。

唯一残っているのは、工事中に職人さんの不注意で、壊れてしまった外の水道と足洗い場の工事。

全部終わるのは10月15日。

最初から、半年です。

長かった。

途中、サッシの通風口さえ開けられない時も。

雨樋が外されて、玄関前がビショビショの時期。

換気扇とエアコンは使えたのですが、家中の空気が全て入れ替えできないので、今年はあちこちカビだらけです。

大掃除には少し早いですが、夏が終わり窓周りのカビやホコリの掃除には良い気候。

少しづつ掃除してます。

家も若返って、私の気持ちも若返り身体も以前より動いてます。

もう歳だからから、身体もあちこち痛い。掃除も適当に。

家の見た目は、汚くてもいい

から

外回りが綺麗になると汚い箇所が気になり、綺麗に掃除するようになりました。

自分自身も見た目、ボサボサよれよれのおばあさんが綺麗になった家からヨロヨロ出てくるより、身繕いして背筋を伸ばして庭の手入れや外回りを掃除しよう。

と考えが変わりました。

残された時間はわかりませんが、せっかく家の見た目が綺麗になったので、少しでも健康で楽しく前向きに暮らしたいと思います。

あっ、書き忘れました。

リフォームは今回で3回目ですが、一番肝心のLDKは35年前のレトロなまんま。

以前に窓をペアガラスに交換しているのと、今回の床下断熱材を入れただけで見た目は35年前のまま。

キッチンは10年前に、ガスからIHに交換してます。

それでも、1回目の外壁塗装工事と、リビングのペアガラス交換。

2回目は娘が病気で車椅子生活になり、戻ってきた時に。

どうにも暮らせず、バリアフリーにリフォーム。

今回3回目の工事で、トータルするとかかった金額は大台を超えてると思います。

もう、無理ですね。これ以上の工事は。

システムキッチンも、いくらいくらで丸ごと交換できますよなんて、言われましたが金額記憶にございません。

扉にガタが来たりしてますが、最悪水漏れがなく調理器具が使えれば良しと開き直ります。

IHとエコキュートは壊れるでしょうけど、その時はお安いものに交換。

生活出来れば良しです。

小さなことが気になる性格で、調査してもらったことから始まったリフォームでした。

まだ家が綺麗なうちに、写真に収め、家の一部分でもブログにアップできれば良いのですが、どうなりますか??

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA