きっと不愉快な思いをすると思い、現金を動かすのはやめた

預金しても、ほとんど利息のつかない金融機関。

振込手数料を節約したいので、調べまくりました。

目的はリフォームの残り金額を支払う事。

金融機関で、色々質問されるのが嫌。

前回は、ネット銀行を利用したのでスムーズであっという間に振込完了。

ネット銀行から、自分の別の金融機関に振り込んでも、瞬時に振込先金融機関から入金連絡のメールが入り、とても早くスムーズです。

とにかく、実店舗は煩い。

詐欺防止の為とは、理解しますが

マニュアル通りに誰にでも聞かなくちゃいけないんですか?

不愉快です。

でも、仕方なく郵便局に行き、ハウスメーカーでもらった振込票を出すと、これは使えないので、別に書いてくださいとのこと。

会社名にリフォームと入っているので、しつこくは聞かれませんでしたが、支払い目的は何ですか?

支払先は大手ハウスメーカーリフォームなんですけど、いちいち聞かれました。

鬱陶しい。

知人も先日、自分の別の金融機関のお金を郵便局に移し、そこから支払おうと現金だったか(?)持参すると、このお金はどうしたのか?と聞かれたそうです。

心の中の声で(盗んでないわい!と)

不快だったそうです。

今回、私が振込手数料を掛けずに振り込もうと思った方法は

こう。

郵便局で解約したお金を現金で受け取る

その現金を、郵便局内のATMから、

自分のネット銀行のキャッシュカードを使って、自分の口座にそのまま現金を入金する。

振込ではなく、入金です。

振込にすると、ゆうちょ銀行ATMの振込手数料がかかります。

私が使用しているネット銀行は、郵便局ATMからの入金は手数料が不要。

勿論、利用状況によりランクごとの無料回数が決まっています。

私は現在、月5回までATMでの入出金回数と、オンラインで他の金融機関あての振込も月5回まで無料で利用できるので、とても便利です。

その後、自宅に帰り

ネット銀行から、リフォームした会社に振り込む。

振込金額を少額に設定していると振込できなかったり、金額によっては、振込先の登録が事前に必要だったりとありますが、現在はこの方法で振込手数料を掛けずに振り込めるはず。

なのですが、

現金を受け取る時に色々聞かれたり、郵便局内のATMで現金を入金するのも、一度に何枚まで入るのだろう?とか不安要素もあり

結局、

無難に、一度ゆうちょ銀行通常貯金に入金した上で、振込手数料は振込先負担の了解のもとで、振込依頼書には支払い金額から振込手数料を引いた金額を書いて、振り込みました。

これで、ひと段落。一安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA