掃除が終わらない、現実と偽物と我慢か諦め

掃除、久しぶりに重箱の隅をつつくような丁寧掃除。

何しろもう築30年以上の家。

触ると、いろんな箇所が壊れます。補修しながらです。

掃除も、こだわると迷路のるつぼに入り込みます。

全体に汚かったのが、一箇所綺麗になると他が気になり、終わる事なく続きます。

毎日少しづつですので、最初にやったところはもう汚れてきてますが、手が回りません。

若い頃にやっていた事が、今はもう無理。

情けないです。

毎日埃にまみれて掃除しているので、朝から薄汚い服装です。

歳とって、薄汚い服を着てるとますます老けて見えますが、こっちが現実の私。

外出時は化粧と服で化けの皮を被っているので、偽物です。

あと少し、偽物を装おうと思います。

せめて外出時は。

偽物を装おうのは、昔は自宅の敷地を出る時。

今は1マイル以上の外出は、偽物の私。

普段は動きやすい服装。膝をついてしゃがみ土が付いて汚れても、ハイターが飛んでも気にならない服装。すっぴんか、日焼け止めと眉を描く程度。

1マイル以上の外出は、メイク以外にも髪もそのままではつむじが薄く見えるので、洗面所で濡らして、ふんわり仕上げます。

ただでさえ動作が鈍くなってるのに、誤魔化しが必要な箇所は増える一方。

残り少ない人生なのに、取り繕うのにかける時間は増える一方。

あ〜〜!だから、レディース〇〇があるのね。

CMでもつけると楽よ〜〜とか、やってます。

友達も買ったと言ってました。

この前会った時、付けてると言ってた。

言われる前に気づいていたけど、こちらからは何も言わなかった。

彼女から「実はね、付けてるんだ!」と。

自然で良いね。と言ったけれど、正直に言うとそうでもない。

価格も手頃なものだそうだけれど。

入院中に隣のベッドのおば様も、退院時に突然髪がふんわり。

かなり高価なものだそうだけれど、やっぱり不自然に思えました。

外出は通院がメインだから、髪も服もおしゃれをするとか。

気持ちは良くわかります。

外出時に髪を濡らしてセットするより、トップにのせるだけで完了する方が楽ですよね。

私もそのうち必要になるのかも?

衰えた箇所、失った機能にはカバーするものが必要。

家も体も同じ。

もしくは、我慢。諦める。

これしかありませんね。

そうそう、理学療法士さんも言ってました。

「初めてきた人には言えないけれど、痛みが0になり元には戻らない。」

と。

そりゃあそうですよね。

人間の体は、サイボーグみたいに取り替えられないし、関節や筋など衰えによるものや、病気の原因があるものは、痛み0にはならない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA