背が縮んだので必需品と大掃除

脚立?踏み台?

これ。

 

買ってきました。今の私の必需品。

普通に必要です。窓を開けたり閉めたり。

ただの開け閉めはギリギリできるけれど、ロックがかけられないので踏み台が必要です。

キッチン、シンク前の出窓。

シンクの出っ張り分があるので、手が届かない。

背が縮む前の若い頃で、ギリギリでした。

歳をとると縮むことは想定外。

夏の開け閉めはもちろんですが、結露の季節は窓を拭くのにも踏み台が必要。

壁際に3段の脚立を置いていたのですが、大きくて重くて目障り。

で、結局新しく買いました。

折りたたみ式踏み台「セノ・ビー」です。

高さ22cm。

もう少し高さが高いのも有ったのですが、上がりやすい22cmです。

対荷重、約100kg。

しかし、天板の真ん中の穴が空いてる付近はちょっと心もとない。

構造的にも、真ん中を少しだけ避けて両足をそろえて立つ姿勢が安定します。

本当は、床に置くものが増えると掃除の時の邪魔になるので嫌ですが、仕方ありません。

大きな脚立を動かすより、軽くて楽です。

ヘルニアの痛みが酷い時には、窓を開けなかった。結露もこまめに拭かなかった。

窓を開けようとか、結露が気になるのは、余裕が出てきたって証拠ですね。

しかし掃除って、やってもやっても終わらない。

むしろ、どこかが綺麗になれば、それまで気にならなかった箇所が気になる。

いつまでたっても終わらない、迷路に入り込んでます。

一回りする前には、最初に終わらせた箇所がまた汚れてます。

若い頃と違いかなりのスローペースですからね。

やっても、やっても終わりません。

そして、普段触っていなかった箇所を触ると、ポロポロと壊れてきます。

実は、また先日も外れて、元に戻せなくなってしまいました。

今度は、ブラインドを止めてあるレールのねじ。

たまにブラインドは、外して拭きます。

外すとかなり汚れています。

これまでにも何回かは外したことのある場所で、壊れるとか元に戻せない箇所ではないのですが。

なぜか、外れるはずのないところが、外れてしまい元に戻せません。

ネジを締めても締めても、締まりません。

構造を確認して締めるのですが、なぜか締める方向に回せば回すほど緩みます。

お手上げで、ブラインドは取り付けられないままの状態です。

こんな感じで、いつも何かやらかしてしまします。

結局、予定通りに進まない大掃除です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA