最近オキシ浸けのブログを見かけ、気になっています。

オキシクリーンを購入しようと、Amazonで買い物かごに入れました。

しかし、洗剤は有りすぎても使いこなせない私です。

気になってもすぐには購入せずに、まずは検索。

有るもので代用できないかと。

やはり私と同じように考えて、代用されてる記事がありましたが自分でも調べてみましょう。

オキシクリーンにはアメリカ製と日本オリジナルパッケージがありました。

 

日本オリジナルパッケージはAmazonや楽天などでも販売されています。

アメリカ本社認定の中国工場で製造されているとのこと。

アメリカ製はコストコで販売されているそうですが、他では販売されていないのでしょうか?

調べてみると、「グラフィコ オンラインストア」で販売されていました。

2270gで2,678円です。

アメリカ製と日本オリジナルパッケージの違いは何でしょう?

グラフィコさんのサイト説明によると

■オキシクリーン 2,270g内容量:2,270g
品名:衣類・布製品・台所まわり・水まわり・食器・家具用漂白剤
成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)・界面活性剤(アルコールエトキシレート)・洗浄補助剤(炭酸ナトリウム)
液性:弱アルカリ性
形状:粒状
原産国:アメリカ
※オキシクリーンは米国、チャーチ&ドワイト社の登録商標です。

 

■オキシクリーン 1500g内容量:1500g
成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)、炭酸ナトリウム
液性:弱アルカリ性
形状:粒状
正規販売代理店/原産国:中国
◎界面活性剤不使用、塩素不使用

界面活性剤が入っているのがアメリカ製。

普通の酸素系漂白剤ではダメなのでしょうか?

「粉末タイプのワイドハイター」が自宅にありますので、比較してみました。

成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)・界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)・アルカリ剤(炭酸塩)・漂白活性化剤・安定剤・酵素
液性:弱アルカリ性

アメリカ製と同じような項目があります。

細かい違いについては調べていませんが、とりあえず汚れを落としたいのは洗濯ピンチのついたハンガーです。

汚れが気になっているのですが、一つ一つブラシで汚れを落とすのは大変な作業です。

シャワーをかけただけでは汚れは落ちないので、粉末ワイドハイターに漬け込むことにしました。

やる気満々です。

ところが、大型ショッピングセンター内のダイソーで気になる商品を見つけました。

オキシウォッシュです。

108円で120g入っています。

界面活性剤が入っています。

他の成分も入っています。

108円だしと、即購入。

何個購入するか迷いましたが、1個。

洗濯ハンガーは3個あります。

やはり足りないです。3袋購入すべきでした。

買っていないものは仕方ありません。

とりあえず浴槽に、洗剤を入れてお湯を入れます。

使用量の目安は、1袋で水16L。

少し多めのお湯ですが、ハンガー3つは浸かりません。

お湯を足して規定量よりかなり薄くなりましたが、浸けました。

少し浸かっていない箇所もあるので、途中で上下を入れ替えて。

1時間位して少しだけ擦りました。

プラスチックの劣化はどうにもなりません・・・・

洗剤が少なかったし、浸かっていなかった箇所もあった割には綺麗になりました。

洗濯ハンガーなら、熱めのお湯で他の洗剤でも落ちた可能性は高いです。

どちらにせよ、一つ一つブラシで擦っていた自分に呆れます。

今日は、いつもより少しだけ気温が低いので作業も楽でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク