先日ニトリで買い替えたレースカーテンを、階段スペース窓に取り付けました。

外したのをよく見ると、リメイクすれば使える部分もあると思い洗濯。

ところが乾いてからよく見ると、洗濯する前よりもさらにボロボロに。

日差しによる経年劣化で破れて買い替えしたのですから、洗濯したらさらに破れは酷くなる。

当然ですね。

洗濯したのは、無駄な労力でした。

仮にまだ破れていない部分を、小さなカフェカーテンなどにリメイクしても、すぐに破れるだろうと判断しゴミ袋にポイと捨てました。

昔はこれ程、貧乏性ではなかったと思います。

服も今着なければ、もっと簡単に捨てていましたが、10年後着るかもとタイムマシンボックスに入れています。

年金暮らしになって将来が不安だから、こんなことをしているのです。

おそらく服は、現在保管しているのを着ないと思います。

捨てて数を少なくする方がずっと管理が楽です。

身軽に生きる方が賢いと思います。

まだまだ、そこまで割り切れなくて試行錯誤の最中です。

そうそう、リメイクは経年劣化していない丈夫な生地でしましょう。

せっかく手間暇かけリメイクしても、すぐに使えなくなります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク