ネイルファンデーション、いいみたいです。

私の凸凹爪でも塗れました。

が、凸凹のひどい右手親指は塗っても、凸凹は目立ちます。

普通のマニュキアよりマシかな?程度です。

普通のマニキュアだと塗ることで影ができ、余計に凸凹が目立つ感じです。

ネイルファンデーションは色も薄いので目立ちにくいのかも知れません。

二度塗りで目立たなくなるかも?と塗るとやはり影ができて余計目立ちます。

多めの一度塗りがベストでした。

実は、久しぶりのマニュキアだったので、ブラシにたっぷり付いた液が滴れてしまい、塗り直しと試行錯誤でした。

マニュキアとしては、物足りないと感じるかも知れません。


(after)

↑ ↑ ↑


(before)同じ日のものではありませんがいつもこんな感じの爪

しかし私の様に、マニュキアを塗ると表面の凸凹が目立ち、爪のお洒落ができない人にはオススメです。

老化現象まっしぐらですが、少しは気を使いたいです。

普段、ほとんどお手入れをしないのですが、爪が綺麗になるとハンドクリームを頻繁に付けてお手入れをもっとしたくなります。

作業にゴム手袋を付けるなど、手の保護にも気を使いたくなります。

手が小さい私は、ゴム手袋も指先が余り作業しにくいので、つい避けて作業のしやすさを選んでしまいます。

そんな訳で、いつまでたっても爪の生え際状態が悪く、甘皮がないのが改善しません。

甘皮ができてもすぐに取れてしまうのです。

甘皮が欲しい、多くの人はお手入れには邪魔で取るのですよね・・・・。

こんな爪では、本当はマニュキアを塗るのはNGかも知れません。

でもたまには、塗りたくなります。

以前皮膚科でもらった塗り薬も復活させました。

これまでは塗ってもあまり効果がないので、続かなかったのです。

何を付けても甘皮が復活しません。

しかし、これまでの塗り方が悪かったのでは?と塗り方を工夫して復活中です。

(普通に爪の表面に塗ってました)

ベトノバールG軟膏0.12%を、爪表面から生え際に向かって中に入るように付けてマッサージします。

炎症を抑え、抗菌剤で菌を殺します。赤み・痛みを取りつつ雑菌が入らないよう、入っても殺せる効果があります。

本当は、1日2回付けるのですが、油分が多くてベタつくので2回付けるのは難しくて。回数を守らないのも治らない原因でしょう。解っているのに指示を守れない。

画期的な改善は期待していませんが、これ以上悪化しないために薬を塗ります。

マニュキアをつけなければ、こんな気持ちになれなかったと思います。

生活するのにマニュキアが必要という訳ではありませんが、意識して気を使わないと女性らしさがなくなっていきます。

自分しかわからない、おそらく誰も気づかないけれど、できる範囲でささやかなお洒落心を持って暮らせたらと思います。

気分次第と、爪の状態ではいつまで続くかはわかりませんけどね。

ドラッグストアーでも、爪グッズの売り場をうろうろしましたよ。

爪保護タイプの商品はたくさんありました。

Dr.Nailのディープセラムは補修効果があるそうで興味がありましたが、パンフレットをもらっただけです。

病院の薬でも治らないのに治るのかな、違いました、私は爪以前の問題で生え際の炎症を抑えるのが先でした。だから薬なのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク