最近の衣類ですが、昔と違ってゴムの入れ替えの面倒なものが多いです。

パジャマのパンツのゴムが緩くなって取り替えたいのですが、ゴム取り替え口が開いていない。

ピッタリと縫ってあります。

老眼と共につい億劫で(言い訳しちゃダメよね)、そのまま緩いのを履いています。

最近はパジャマのゴムを取り替えてまで履かない人が多のか、価格を下げる為に作業工程をカットしてしているのか、ゴム交換は面倒で捨てようかと思います。

しかし破れたり黄ばんだりでなければ、着古したパジャマは柔らかく肌に馴染むので好きです。

毛玉が出来るものは、気に入っていれば洗濯後に毛玉を取ると見違える様に綺麗になるので、またしばらくお気に入りとして着ます。

逆に着心地の悪いパジャマは、ほとんど着ないのでゴムも伸びないし綺麗なままです。

綺麗だけど着心地の悪いものこそ、捨てるべきだと思います。

着心地の良いものは、よく着るからヨレヨレでゴムも緩くなるのでしょう。

お値段はあまり関係ないと思います。

大きすぎても、小さすぎてもダメです。

一旦は捨てようと思ったパジャマですが、昨日のブログにも書いた様に、自分にとって心地よいものは使いきることにしました。

ゴム、補修します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク