芝生って大変で、植えた事を後悔しています。

植えるんじゃなかったです。

芝生の上を素足で遊ぶ子供がいるイメージでしたが、綺麗な芝生だった時期は短かく、子供だって狭い庭を素足で遊ぶなんて、幼稚園の頃だけです。

緑の芝生の維持も大変です。

今では、維持どころかほったらかしです。

その芝生が、どんどん庭木の下や花壇の中まで侵入しています。

昨日這いつくばって、少し取りました。

1時間の予定が2時間かけて、これだけ。

庭木の下まで伸びてしまうと面倒なので、剥ぎ取るように抜きます。

今年は何も手入れができず、伸び放題。

右手の痛みも少なくなったので、暖かい今のうちにと重い腰をあげて。

2時間でこれだけ。

腰を曲げられないので、しゃがむ姿勢が取れない私はバスマットを小さく切ったものを膝の下に置いて、四つん這いで作業します。

奥の方は外側に回ったり、這いつくばったりの作業です。

作業しながら今はなんとかできるけれど、「もっと歳とったらできない」とあれこれ想像。

どうなるんだろう?庭木の剪定と一緒に業者にお願いするか伸び放題かしかありません。

庭木や芝生を全部引っこ抜いて、手のかからない庭に変えるのが一番ですが、家の中すら便利で快適にすることも躊躇している現在、外の事までは手もお財布も回りません。

で、こんな状態です。

続けて頑張るとあちこち痛くなるので、今日は外作業はお休みです。

全部を綺麗にするのは、一体何日かかるのか?

家を建てるときは、子供の成長と共に快適な住まいと憧れの庭を想像。

年老いての事、まして老後庭の管理など考えていません。

結果、芝生を植えた事を後悔です。

庭どころか、歩くのだって大変。

平らなところは歩けるのですが、少しでも左右に傾斜があると足が痛くなりゴミ捨てだって大変なのに、これから先この庭に悩まされるのかと思うと嫌になります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク