あ・・・どうしよう、困ったわ

またまた困った事が発生です。

家の事です。

築30年以上経過であちこちにガタがきてます。

外壁塗装が必要?


(イメージ画像)

見た目は気にしない事にしてますが、雨漏りだけは困ります。

どうしたものか?

悩んでいても仕方がないので、ハウスメーカーに屋根と外壁パネルの継ぎ目が気になるからと診断をお願いしました。

診断は無料です。

来られたのは、営業担当と外壁担当、ハウスメーカー依頼先の屋根業者の3人です。

最近は屋根に上がらなくても、診断できるのですね。

伸縮する長い棒の先にカメラがついていて、それで撮影した画像を見ながら説明してもらいました。

我が家はカラーベストなので、屋根が一番問題があるそうです。


(イメージ画像)

あちこち剥がれかけたり、塗装もボロボロで、この画像どころではないです。

樋も。

塗装をするとすれば2回目になるので、不可能かもしれないそうです。

一度塗った上に塗っても、2〜3年で剥がれるかもしれないので、その様な場合は受ける事ができないが持ち帰って、検討してもらえる事になりました。

外壁パネルの継ぎ目の目地はシーリング(?)だったかな、交換可能で交換した方が良い状態。

自分で気付いていたのは、目地のみ。

屋根?

大変な金額になりそうです。

この家に住める年数は、長くて20年?一人暮らし可能な状態で長生きすればもっとかもしれませんし。

以外に短いかもしれません。

15年から20年、とりあえず住めれば見た目はボロでも構いません。と伝えました。

最適な見積もりと、様々なパターンの見積りを出してもらう事になりました。

お金をかけるつもりが無いので、引っ越した方が良いかも知れないですと言っておきました。

けれど、金額にもよります。

仮に20年住むとすれば、月々にすると家賃よりずっと安い。

ワンルームなどで暮らせば高熱費も安くなるので、単純な家賃との比較だけでは無いとも思います。

どうしたものだか??

大がかりな補修はせずに暮らすつもりでいたのですが、あの画像を見たら悩みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA