ヘルニア摘出術(11月22日)で削除したものです。

容器全体の大きさは、はっきり覚えていませんがおおよそ6〜7センチだったかと思います。
液体の中に浸かっています。

手術後看護師に見せてもらい、写真撮っても良いか、ブログに載せても良いか確認しました。
医師のOKをもらい、持って帰っても良いとの事でしたが、自分の体から出た一部分。
飾るつもりも、保管しておくつもりもなく、ゴミ箱に捨てるのも忍びない。
写真を撮って返しました。
知らないところで、どの様に処分されても気になりません。

今日は退院後4日目ですが、自宅で1人での生活は大変で疲れます。

時々横になって休みながら暮らしています、普通のことが本当に大変です。

特に台所仕事、キッチンの下から鍋を出したり、一番下の引き出しからビニール袋やゴミ袋を出す動作が一番辛い。
冷蔵庫の野菜室は一番下なので、これも辛い。

足やお腹の筋肉が落ちているので、手でどこかを持たないと立ち上がれません。

退院後1日目は室内を歩くことすら、何かにつまづかないか不安でした。
4日目の今日は、1階の移動の不安はなくなりましたが、カーペットなどの段差があるところは慎重に歩いています。

家に帰ってすぐ、自分の足での生活に不安を持ちましたので、とりあえず1階で寝れる様に環境を整えました。
と、言っても自分でできるはずもなく、知り合いの業者にお願いしました。
電動ベッドですが、マットレスが薄く硬いのでその上に敷布団を敷いてます。
手すりも病院と同様のものがありますので、2階から降ろして付けてもらいました。
敷布団も掛け布団も、2階から運んでもらいました。

しかし細々としたものは自分で運ぶしかなく、退院日は足が震えながら2階と1階を行ったり来たり。
急なことですし、最低限のものしか降ろせていません。

それでもこの手すりがあることで、寝起きの負担がありません。

腰のコルセットは、日中のみ付けています。
入浴時は勿論ですが、睡眠時も外します。
布団に入ったまま、付けたコルセットのマジックテープを外し、腰の下にあるので寝心地は悪いです。

それでも側に置いておかないと不安です。

コルセット装着は1ヶ月と言われています。
急に冷え込む時期に退院したので、寒いかと思えばコルセットを着けているせいか暖かいです。
そもそも、夜は素肌にパジャマですが、コルセットを着けるために下着の上にコルセット、そしてパジャマです。

日中もコルセットのマジックテープで洋服が引っかかるので、上にTシャツを着ます。

その上から着たい洋服ですが、細身のものは入りません。
ズボンもウエストがゴムのものです。

マジックテープで衣類が痛むし、コルセットで擦れて下着も素材によっては毛玉ができます。

12月に予定していた美容院もキャンセル。
生え際が真っ白で、体の動きもスロー。

一気に老け込みました。

まだまだ疲れやすい体。

今日はこの辺りで失礼します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーリンク