曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

考えもしなかった、ガーデンインテリア

スコップをガーデンインテリアになんて、考えもしませんでした。

お隣の80歳(?)の奥様に言われて。

あっ!インテリアになるかも?って思いました。

防犯上危ない?インテリアとして飾りながら保管も良いよね。

雑草も、上手に生かしておられます。

お隣の若々しい奥様は、頭が柔軟です。

若くいられる秘訣は、柔軟性かもしれません。

私は頭が固い。

ところで、

スコップ?シャベル?ショベル?

呼び方はどれが正しいのでしょう。

東日本と西日本では呼び方が逆だとか??

私はスコップと言ってたかな。

今日はスコップで、書き進めますね。

実は、このタイプのスコップを持ってはいたのですが、先が丸くなり使い難かった。

2018年に台風で物置の屋根が飛んだ時、古かった物置を撤去し、その時に捨ててしまいました。

スコップはこの先が尖ったタイプと、四角いタイプの2つが有ったのです。

腰が悪い私が、スコップを使うことは無いだろう。と先が磨り減ったスコップは処分。

四角いタイプは、もし雪でも積もることがあれば役にたつだろうと、残しました。

ところが、四角いタイプは穴を掘るには適さないし、出番は全くなし。

もう何十年も手入れをしていない花壇。下の方の土は硬くて小さなシャベルでは無理。スコップが欲しい。

高いんだろうな?置き場所も無いしと購入を躊躇していました。

ご近所さんに貸してもらおうか?とすら思ってました。

ところが、ホームセンターで1,000円もしない価格からあったので、買ってきました。

問題は置き場所。

インテリアとして庭に出しっ放しで飾れるんですね!

驚きと感動でした。

飾るなら、もう少し古びたアンティーク風がいい。

それに我が家は丸見えの庭で、ちょっと物騒。

スコップインテリアは、想像だけでおしまい。

けれど、バケツ。

プラスチックのバケツは安いけれど、すぐに日光で朽ちてボロボロになります。

金属のバケツなら、古くなるといい味が出そう。

植木鉢の代わりや、ガーデンツールを入れて飾っておくのもあり。

なんでもすぐに捨てないで、使い回せると楽しいですね。