曇り空から青空に!

老いて身体が多少不自由でも、楽しまなくちゃ人生は一度きり。最後は笑顔でありがとうと終われるように

担当者はジャニーズ系イケメン、彼のセンスを参考に

我が家の担当営業マンは、ジャニーズ系イケメン。

過去に、修理担当の人が来られた時に新しい営業マンの話しになり、

修理担当者いわく、

「あれで40歳なんですよ!」

私が言ったのでは無いですよ。

でも言いたかったことは伝わりました。

最初は、営業マンは口ばっかり!

どこの営業マンも。

そんな風に思ってました。

過去にも、色々ありました。

リフォームは、スムーズに行かない事が多々あります。

現場の人は皆さん、よくやってくださいましたが、

営業マンは、口ばっかり!!

トラブルがあった時に、どう解決するかが大事。

契約しているのは、会社。

営業マンは窓口。

とは言え、営業マンで会社のイメージも変わってきます。

今回外壁の色決めでは、担当営業マンのセンスを頼ってみようと思ってます。

彼、見た目だけでなく

私がこれまでに出会ったことが無いほど、スマートな立ち振る舞い。

そう思ったのは、帰り際に靴を履く時。

ピカピカに磨かれたスマートな靴を

ズボンのポケットから出した靴べらで、あっという間に履かれます。

(イメージ画像)

足元は大事って言いますけれど、この動作で本当にそう思いました。

私のイメージや、我が家の室内イメージなどで私の好みを理解してくれたようです。

自分で漠然と考えていた無難な外壁の色を伝えたのですが、ちょっと違う意外な色を提案されました。

最初は、えっ!と思ったのですが、

あっ、いいかも!

ちょっと好みと思ったのです。

いくつか提案のCGを作ってくれるそうですので、そこから考えていこうと思います。

室内リフォームと違って、決めるのは外壁の色だけ。

悩む事が少なくて、良かった。

しかし、実際は工事期間中の約1ヶ月。窓を開けられないことが苦痛かもしれません。

工事予定はお盆明けからのスタート。

どうせ暑い時期で、エアコンが頼りですが、あの臭いはどうもね。

これは、私のお気に入り靴べら。

足が小さいので、紐靴はしっかり締めて調節して履きます。

靴を脱ぐ必要のあるところへ行く時は、靴べらが必要。

外出先では、紐を緩めてゆっくり履くのは無理。

いつもより多少緩めの紐調節で出かけ、靴を履く時は靴べらは必需品。

誰に見せる訳でも無いけれど、こんな小物がお気に入りの物だと嬉しい。

過去に、無くしたと思って同じ物を購入した程のお気に入り。

しかし、その後出てきたので

買ったばかりの新品は、メルカリで売却しました。

お気に入りの物は、トコトンこだわり大切に長く使う派です。

話は違うけれど、彼は工事中の現場に入る時は靴を履き替えてるのかな?

じゃないと、あんなに綺麗な靴では現場には入れない。

オババの、余計な詮索でした。