ポチができない友人との関係

今年になって頻繁に連絡し始めた、高校時代の地元友人。

怖くて、ポチッてできないのだそうです。

高齢者には多いですよね、インターネットは怖いもの。

オンラインショッピングなんてもっての他。

購入できるのは、カタログショッピングのみだそうです。

支払いも銀行まで行くとか。

唯一買えるのは、LINEのスタンプのみ。

私は、逆にLINEのスタンプ購入は、ややこしくて頭がこんがらがります。

コインとかクレジットとか色々あり、たまに買おうと思うと何が何やら・・・・・で苦手。

そんな友人に代わって、ストレッチポールを注文し直接送る事になりました。

ところが、事前に確認したにも関わらず、彼女に合わないものを注文したかも知れず、ショップへ交換を申し出中。

よくよく聞くと、脊柱管狭窄症だそうです。

それじゃあ、普通のストレッチポールより細めの高齢者向けの方が良いね。

そんなやりとりをしました。

人間、切羽詰まらないとできない事が多い。

運動して筋肉をつけるのが大事と、わかっていても出来ない。

皆同じです。

よほど痛い思いをしなければ、必要性を自分の事として捉えられない。

十分わかっていても喉元過ぎればで、人間楽な方に流されます。

楽しい事なら進んで、出来るのですけどね。

地味な運動や辛い事はやりたくない。

私もよく解ります。

時々、運動サボリますし、自分で決めている半分もやらない事があります。

私の様に数回手術して苦しんで欲しくない。

口を酸っぱくして言いたいけれど、運動の必要性解ってはいるみたい。

私の今の苦しみを一度伝えたので、今後は自主性に任せる。と言っておきました。

解っている人に、口うるさく伝えるのは逆効果だから。

でも、「叱咤激励して欲しい時はいつでも言って」と伝えてあります。

ストレッチポール、交換の問い合わせもしてるから、もう少し待ってね〜〜。

昔の友人は、お互いの性格も解っているのですぐに昔の様に話しやすい。

でも、勝手に必要以上に深く生活に入り込まず、良い関係をず〜〜っと続けていきたい。

旅行に行きたいねと話しますが、コロナが治まり二人とも元気な体じゃないと行けから、筋力つけないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA