前回の台風24号で屋根が飛ばされた物置は、業者に撤去してもらいました。

ついでに、不要と思えるもの一緒にかなり処分。

しかし物置1個の処分で、代わりに購入したのはベランダ用コンテナ(120L)を2個のみ。

120Lといっても、中身をぎっしり詰めると取り出し作業が難しい。

これまで物置は、ゴミの一時置き場にもなっていましたが現時点ではそのスペースもありません。

もっともっと、普段使わないものを処分する必要があります。

園芸用品は処分したはずですが、まだかなり残っています。

花を育てるのも辞める潮時かも?

庭から、花の鉢などが無くなると味気ない庭になりそう。

手入れのできない芝生の庭は、苔だらけ。

それでも壊れかけの芝刈り機で、刈れるところだけでもジャーっと刈ります。

手動でなんてできません。

庭木の剪定のヘッジトリマーは、ご近所さんに貰ってもらいました。

消毒用の噴霧器は、置いておきましょう。多少は消毒が必要だし、壊れるまでは使いましょう。

まだスコップ2個や鍬が残っているけれど、これらを振り回して作業できそうも無いので、次の粗大ゴミ回収で捨てるしか無いかな?

自分が使いこなせない道具は捨てます、今より元気になって使いこなせる時が来るとは思えない。

そして使えるものは使い切り、もう買いません。

断捨離が捗るのは、収納スペースが無くなることと実感。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックして応援していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ


スポンサーリンク