物を捨てられない私の捨て基準が変わり、少しづつ捨てられるように

物を捨てられない私ですが、捨てる基準が変わり少しづつですが捨てられるようになりました。

これまでの私は、まだ使える物を捨てる事ができませんでした。

まだまだその傾向はありますが、自分の基準が見えてくると罪悪感もなくなりました。

例えば、タオルは使い古したタオルが好きでしたが、柔軟剤を使っても古いタオルは柔らかくなりません。

肌に当たると痛い。こんなタオルは捨てる事にしました。

破れるまで使えたら良いのですが、別の形でタオルの寿命を全うすれば良いと思えるように。

雑巾だって洗って綺麗にして使うので、新しい雑巾の出番がありませんでしたが、古いタオルや布は沢山溜まっています。これからは、せっせとお掃除して捨てましょう。

ユニクロの衣類の製造年が解る方法を知ったので、ユニクロの古い下着や着ていない衣類は処分します。

もったいないと思う古い外出着は、最近せっせと出して着ています。

着心地が悪ければ、無理して着ないで潔く捨てます。普段着こそ見た目より、着心地が重要ですからね。

家では、お姫様のようにジッとしている訳にはいきません。

今着れない、着たくない服は年齢を考えると、おそらく今後も出番はありません。

背筋がシャキッとして、活動的に日常生活が送れるならまだまだ若い頃の服が着れるのでしょうが、私はサイズが小さいので、ほとんどが細身の服や可愛らしいデザインばかりで、そろそろ無理があります。

処分対象の服が沢山あり、実際に袖を通し1日着た上で、残すか否かを決めてます。

そこまでするから時間がかかるのですが、今の私はこうする事でしか処分できません。

そのうち袖を通さなくても、決める事が出来るのでは?と思ってます。

今日は古いロングカーディガンを着ているのですが、ほとんど着ていないので綺麗。

でも重いし、肩が凝ります。

これも袖を通し、半日着てわかった事。

入浴後のパジャマの上なら着れる。

と、思うと捨てられないのですが・・・・ゴミ袋に入れます。

本当に久々に肩が凝りました。

やれやれ・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA