冬用下着から被服費まで考えること

冬は下着や靴下がやたら多い、タンスの引き出し。

下着の入れ替えをキッカケに、衣類購入スケジュールを考えました。

なぜこんなにヒートテックの下着がいるのか?

当地は寒いです。

朝は霜が降りることもあります。冬には珍しいことではありません。

昨シーズンの冬には2〜3回ですがペアガラス窓枠の結露が凍りました。

暖冬になった昨今では珍しいですが、本当に寒い。

また日中は光熱費削減のため、極力エアコンをつけません。

一人なら、着込めば過ごせます。

もちろん寒いと思えばエアコンつけますよ。

凍えて過ごすほど我慢強くはありません。

したがって、下着はヒートテック、天候によっては極暖です。

このヒートテックの下着ですが、

持っているのは、タンクトップ・半袖・長袖・長袖タートルネック・極暖・極暖タートルネックと6種類もあります。

他にもヒートテック短パン。レギンスタイプ。

それぞれ3〜4枚づつ持ってます。

タイツも靴下も超厚地まで。

タンスに全て入るスペースはあるのですが、本当に必要か考えました。

昨シーズンの終わりに、極暖シリーズの買い足しもしました。

でも今シーズン極暖シリーズは1枚しか着ていません。タートルネック極暖は出番がありません。

ヒートテックの各タイプも次の秋までには買い替えが必要と考え、被服費予算に入れたのですが必要ないと思える様になりました。

確かに極暖は軽くて暖かく、あれこれ厚着をする必要がありません。

地域の外作業参加(最近は不参加)などには必要ですが極暖は1枚あればOK。

長袖ヒートテックも、衣類の組み合わせの工夫で乗り切れるのでは?

組み合わせで気に入っているのは、ガーゼのタートルです。

DoCLASSEの

「コットンダブルガーゼ・タートル/9分袖」です。

現時点で残っているカラーとサイズはわずかですが、とても着心地がいいです。

同じ様な商品で7分袖もありますが、冬は9分袖の方が暖かい。

ガーゼは肌あたりがいいし、繊維の間に空気を含むので暖かいです。

長袖や極暖ヒートテックの代わりになりそうです。

ヒートテックシャツの種類と枚数が減らせます。

歳をとると肌は弱くなります。セーターが首に当たるとチクチク、時にはかぶれます。

半袖やタンクトップヒートテックシャツの上にガーゼタートルを着るとハイネックやタートルセーターを着てもチクチクしません。

身頃は透けないので春になったら1枚でも着れます。

多用途に使えて便利、さらに心地良いのでオススメです。

DoCLASSEはセールシーズン以外でも安くなる時があるので、次のシーズンには早めにチェックします。

おしゃれはしたいですが、被服費は削減できる重要な項目。

しっかり計画的に管理し、無駄を省いてお洒落を楽しみたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA