穴子飯美味しかった

穴子飯、とっても美味しくいただきました。

金額は、参拾銭。

当時のパッケージに書いてあったのですが、パッケージ毎に金額が異なりました。販売の時代が違うようです。

肝心の味は、ふんわりと柔らかく、とても美味しかった。また食べたいですね。

(婿殿、またご馳走してね)

文章も当時のものらしく、とても興味深く惹かれてしまいました。

左側から読む文字、右から読む文字が入り乱れています。

当時も旅行の道連れは胃腸薬なのですね。しかし、今はどこでも購入できますね。

そして、「お互いに貯金して物価の引き下げに尽くしましょう」は今と反対でしょうか?今、政府はお金を使って欲しいのですよね。

信玄袋、現代の巾着のようなものでしょうか?崇高なものとは、大きい?高価?どっちでしょう?面白い表現ですね。


うまく説明できなくて、お粗末さまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA