髪の事色々考え、精をつくすはずが贅をつくした

元気の無くなった髪を何とかしたい。

髪の手入れを見直し、シャンプー類も変えた方が良いのかも?とネット検索し、ある方の記事を見つけました。

伊藤千桃さんです。

昭和25(1950)年生まれで、72年に開催された第5回ミス日本コンテストでグランプリを受賞した伊藤千桃(ちもも)さんは、現在、神奈川県・葉山町でほぼ自給自足の生活を送っている。

着物のとき以外はノーメイクで、美容のために特別な時間やお金をかけているわけではないのに、若々しく美しい。その秘密が『千桃流・暮らしの知恵』(主婦の友社)に書かれている。

これまでの私は、少し若い50代のお洒落な方のブログに目がいってました。

それはそれで素敵なのですが、これから歳をとる一方では少し上の方の暮らしぶりが知りたくなったのです。

元々、お綺麗な方で参考になることがあるかしら?と思いましたが、この方の暮らしぶりに興味を持ちました。

そこに書かれていた、「贅をつくさず、精をつくす」

葉山の一軒家で自然食レストランを開かれ、その後民泊からケータリングに形態を変えられたとか。

あるもので工夫し、手作り。無駄を省く。

忙しくて、美容にかける時間もお金も無いとか。

とっても素敵な方で、刺激を受けました。

真似などできるはずはありませんが、私にもできることは無いか、髪に良い工夫を探しました。

精をつくすはずが、何故かドライヤーに行き着いてしまいました。

ドライヤーはこれまで5,000円以下の安い物しか使ったことがありません。

そんな私が、Panasonicのナノイー搭載のドライヤーに興味を持ったのです。

中々良いらしいです。

お店で、試したらトゥルントゥルンになったとか?

嘘でしょ?と思うのですが、興味津々。

髪にうるおいとツヤを与え、髪質改善。

気になるのは、EH-NA0BかEH-NA9B

EH-NA0Bの高浸透「ナノイー」って?

高浸透「ナノイー」とは、髪への浸透性を高めた「ナノイー」のことです。EH-NA0B搭載の高浸透「ナノイー」は、マルチリーダー放電を使用することで、従来の「ナノイー」に対して水分発生量を18倍※1に増加しました。

水分発生量18倍にどれ程の効果があるのかわかりません。

ところが、ところが

偶然価格検索をしていると、楽天ブックスで安くなっているのを見つけました。

楽天ブックスでは、以前にもコーヒーメーカーが安くなっていて購入したのですが、すぐに価格が変更されたり、売り切れてしまいます。

これは、買った方が良いと

思わずポチッと。

翌日には価格も変更になり、タイミング的には買い時でした。

そして

肝心の使い心地は

安いドライヤーと比べて完全に別物。

元々が痛んだ髪なので、トゥルントゥルンには程遠いですが。

高浸透ナノイーの効果か、温冷リズムモードの効果か分かりませんが、これまでどのようにしても落ちてくる前髪が、収まりが良くなりました。

スプレーを使ってもすぐに落ちてきていたのが、乾かしただけで落ち難くなったのです。

前髪が落ちてくるのはストレス。

温冷リズムモードとは、室温を検知し、最適な感覚で温風/冷風が交互に出ます。

TURBOかDRYで9割型乾いた状態で、温冷リズムモードに切り替えるだけ。

と、言うわけで

髪を乾かすのに精をつくしてもどうにもならなかったのが、贅をつくして楽になったお話でした。

生活全体では、贅を控えて精をつくすことを考えないとダメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA