火傷の痛みが増し、結局病院へ

カイロで火傷した肩、三日目です。

火傷に気付いた翌日は、病院が休みで手持ちの薬を塗って済ますつもりでした。

けれど日増しにピリピリ痛みが増すのです。

肩から後ろ首にかけて、下着の上からカイロを貼っての低温火傷。

自分では、鏡越しにしか見えない位置。

大したことは無いと思うものの、よく見えない上に痛みが増し不安で病院へ。

皮膚が破れて、ピリピリ痛いようです。
(うっかりボディブラシがあたり、皮膚が破れた)

多分、処方された薬を塗れば大丈夫そうです。

けれど低温火傷は、厄介で後から皮膚が黒くなることがあるそうです。

その場合は、すぐに受診するよう言われました。

医者でも、最初は軽く見えても案外重症のことがあるからと。

つまり、処方された薬を塗りながら様子見です。

(火傷にはゲンタシンを処方されました。)

やっぱりカイロやあんか、湯たんぽによる低温火傷が怖いです。

私は、寝る前まで電気あんかで足元を温めているのですが、寝る時には外します。

先日は外し忘れて布団の中へ入り、あんかに足が触れ気付いて直ぐに外しました。

何回も低温火傷を経験しているので、本当に怖いのです。

トイレの便座だって、同じ箇所が長時間触れていると低温火傷しますよ。

数年前に、娘が便座からずり落ちかけて、便座と手すりの間に挟まれた時は背中に便座の一部が当たり、低温火傷しました。

こんなことは滅多に無いことですが、スッポリとはまり骨が当たって抜けなくなったのです。

軽く見えても重症の場合もある、低温火傷。

本当に気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA