やってしまった低温火傷

また、やってしまいました。

低温火傷です。

編み物で、肩が凝りカイロを貼ったら、低温火傷。

バカです。

低温火傷は何回か経験済みで、注意してたのに。

貼ってる時は、さほど熱いとは思わなかったのに。

入浴時に剥がすと、皮膚が赤い。

手で触ると、少しピリピリ。

肩より少し後ろ側の首の下あたりに火傷。

自分ではよく見えない位置。

肩には小さいサイズ。

小さいけれど、さすが桐灰は暖かい。

最高温度63°、平均温度53°、持続時間10時間。

気をつけていたのに、火傷するなんてアホです。

肩は熱さを感じにくいのか、貼り替えたいと思うほど熱くもなかったのですが・・・・

普通サイズのこちらのカイロは、最高温度、平均温度ともに同じですが、持続時間12時間と長い。

DCMのカイロは安かったので、大きな箱の60枚入りを購入したのですが、こちらこそ熱くて貼り替え必要。

肩の火傷は、自分でよく見えないので火傷の程度が解りません。

大丈夫だろうと思っていたのですが、火傷二日目

うっかりボディブラシが当たり、ピリッと痛い。

入浴後鏡でみると、皮膚が2箇所むけてる。

薬を探すも、前回の火傷時に病院処方でもらった薬は古くて捨ててました。

仕方がないので、他の手持ち処方薬をネットで調べると火傷にも大丈夫そうなので、塗りました。

病院に行った方が良いかも?

他にも皮膚科でもらいたい薬もあるしで、行く予定だったのですが、診察券の裏をみると木曜日は休診。

おーー===

なんてこと!!

むけかけた皮膚が肌着に当たると痛いけれど、手持ちの薬を塗っておけば大丈夫じゃないの??ってことで、他の皮膚科医を探してまで行くのはやめました。

アイリスオーヤマの貼るカイロミニは熱くはなかったのですけどね。

場所によっては、物足りない。

若い頃は、カイロで火傷なんてしなかったのに、歳を重ねるごとに皮膚は薄く敏感に、一方感覚は鈍感になり低温火傷しやすいのかもしれません。

それにしても60枚入りを買った、DCMのカイロ腰に三重に重なった衣類の上からでも熱い。

どうやって使おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA