痛さが増し、結局病院へ

水着跡の痛さが増して、結局病院へ行ってきました。

手指関節の線の箇所も、アカギレのようにチクチク痛い。

水着を変えたのに、やっぱり切り替え箇所の布の厚い箇所や刺繍が皮膚を刺激し、以前よりもっと酷い状態に。

シャワーを浴びてもしみるので、手で覆いながらシャワー。

手は消毒液も染みて、辛い。

ふと思ったのですが、

傷になった箇所には病院で処方された薬、乾燥が気になる箇所にはヒルドイドソフト軟膏やケラチナミンクリームを塗っていたのですが、

よく見るとケラチナミンクリームには、角化症治療剤とあります。

「角化症」とは、皮膚が厚くなり硬くなる疾患。

私の皮膚は薄くて刺激に弱く乾燥。

「角化症」とは相反し、ケラチナミンをつけるのは間違ってるかも?

これ以上ひどくなると、生活に支障も出る。

皮膚科にはしばらく行ってなかったのですが、結局病院へ。

結果的にはケラチナミンでも良いそうですが、ヒルドイドソフト軟膏を1本もらってきました。

薬はまだあるので、以前のを付けるしか無さそう。

水着跡がかぶれるのは、少々水着の脇のラインを変えても新しくまた出来るの繰り返し。

医師によると、長袖の水着に変えてみるとか?と提案がありました。

長袖!!

脱ぎ着が大変そうで嫌だなぁ。

トイレが大変そうで、上下別れてないと無理。

上下が別れているのは、水泳を始めた最初に着ていましたが、お腹がめくれるので嫌。

それに水着は買ったばかり。

テープでも貼って入ろうかな?

本当はテープを貼るのは、ダメだけど・・・・・

透明テープかテーピングテープ。

ガーゼで覆うのはダメらしいから、直接テープを目立たない程度に。

悩んでてて、思い出しました。

もらったままほとんど着ていない水着があった。

県から支給された、真っ黒の水着。

新しいうちにFINAマークが剥がれ、不要なんだそうです。

公式試合には着れず、真っ黒は練習にも嫌だともらいました。

これなら、脇に切り替えがない。

今はデザインや色を言ってる場合じゃないので、これを試すしかありません。

でも今は、下着が触れても痛いので、テープを直接貼るのも無理で、しばらくお休みするしかないかな。

CMで見かける、健栄製薬の「ヒルマイルド」のローションとクリームも病院で処方されるのと、同様のヘパリン類似物質が含まれるので、買おうと思います。

今年の冬の乾燥肌対策は、これに頼るしか無さそう。

保険適用じゃないので高いですけど、仕方がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA