このままでは将来は寝たきりに

久し振りに自宅の体組成計に乗り、ショックを受けました。

体重は以前と比べて増えていない。
市民プールにも体重計があり時々は測っていたので、差ほど気にしていなかったのです。

甘かった。

3カ月前のデータしか残っていないので、自宅ではこの3カ月乗っていなかったって事ですね。

生年月日、身長をセットして測ると体重、体脂肪率、体年齢、BMI、基礎代謝、内臓脂肪レベルが出てきます。
内臓脂肪が標準とは出ていますが、大変なことに・・・・・それ以外はまずまずでした。

3か月前

img_0798

一昨日

img_0799

体重は少し減っているのに、内臓脂肪レベルが増えてます。

同年齢と比べて皮下脂肪率が多く骨格筋率が少ないのです。

全身の他に両腕、体幹、両足別に表示されるのですが、全てにおいて同年齢と比べて皮下脂肪が多く、骨格筋率が少ないです。

涼しくなって体も動かしやすい季節になったので、年内を目標に頑張ってみます。
このままでは将来寝たきりになるかもしれません。

腰が使えない事を理由にせず、今の自分ができる方法を考え、心を入れ替えて生活改善です。

 

2 Comments

Yossy

こんにちは(^^)
すごくわかりやすい体重計を持っているんですね!
私の体重計も体脂肪とかいろいろわかるけど、
こんなわかりやすい表示じゃないので、見てるようで見てないです。
これっていいですね。とてもよくわかります。
しかし。。
内臓脂肪率が少し多くなって骨脂肪率が少ないってことですか?
体重が減っているのに中の状態はよくないってこと?
ちゃんと運動しているのに。。。
私なんてそれこそダメだと思います。
この体重計探して、買いたいわ!

返信する
pansy

こんばんわ。
体重計はもう7.8年前のものだと思います。
最近は測ったデータをスマホやPCで管理できるのがあるので、そちらの方がいいかもしれませんよ。

そうなんです、内容が悪くなっているのです。
年齢とともに代謝が落ちているので、今までと同じ生活ではダメみたいです。
背中をかばいすぎて、筋肉が付かないのでしょう。
それに伴って最近は体をまっすぐ起こしている事が辛くて、キッチンや洗面台ではすぐに寄りかかっています。
自分で気を付けようとすると、お腹ではなく膝で支えていますし、辛いので体を横たえないと夕食の片付けができないという最悪な状態です。
地道な努力で筋肉を付ける事が必要です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA